デジタル・ナレッジ、eラーニングシステム「KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)」の最新バージョンをリリース

組織研修・教育ビジネス・学校のeラーニングシステムを立ち上げている株式会社デジタル・ナレッジは、eラーニングシステム「KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)」の最新バージョン6.5をリリースした。

KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)とは?

ナレッジデリバーとは、教材作成・学習・運用管理の学習管理システムに必要な3つの機能を標準搭載しているeラーニングシステム。企業研修・教育ビジネス・学校・組織内情報共有に1500以上の導入実績をもつ。

KnowledgeDeliver バージョンアップのポイント

今回のバージョンアップでは、ナレッジデリバーとスマートフォンアプリ「Study.jp 学びアプリ」との連携機能が追加され、学習履歴(教育ビッグデータ)の収集・蓄積・可視化から解析、アクションへとつなげる各サービスとの連携が実現されている。

バージョンアップ詳細

  •  最適な情報提供、継続的な学習支援

これまでは毎回必要だった ID・パスワードの入力を省き、アプリによる自動ログイン機能ができるようになった。また学習内容に関するスケジュールの告知、お知らせ掲示板、質問・レポート回答、アドバイスなどの更新があった際に、“プッシュ通知”で知らせてくれる。

  •  複数の教育ツールとも連携

受講者に簡単なアンケートを取ることができる無料のサービス「Clica」や、個人の学習行動の記録を可視化する「デジタル修了証」、コンテンツ数200を超えるネットスクール「N-Academy」とも連携できる。

  •  カスタマイズも可能

オリジナルロゴの掲載やアイコンの配置・初期メニューの構成変更、QRコード連携アプリの開発、オフライン試験受験、教材受講への対応など、仕様をカスタマイズすることもできる。

eラーニングの国内市場規模は1,767億円、矢野経済研究所が2016年度の調査結果を公表

2017.04.12

eラーニングのメリット、デメリットは?EdTech(エドテック)とは何が違う?

2017.02.16

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください