コードタクト、授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」 にプログラミング教育用コンテンツを追加

株式会社コードタクトは、提供する授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」 に、プログラミング教育用コンテンツを追加した。

用意されたテンプレートを利用することで、簡単にプロ グラミング的思考を学ぶ授業を行うことが出来る。「schoolTakt(スクールタクト)」を導入している学校は、こ のコンテンツを利用するために追加申し込みは不要でコンテンツを無料で利用できる。

2020年度次期学習指導要領において、小学校においてプログラミング教育が必修化される。しかし学校現場では「プログラミング教育と言ってもどのように進めれば良いのか分からない」という声が良く聞かれる。

学習指導要領改訂案が公表。英語の学習時間増、情報(プログラミング)の設置など、改訂の内容や背景は?

2017.02.15

そこで株式会社コードタクトは、授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」にプログラミング教育用コンテンツを追加し、プログラミング経験がない先生方でも、簡単に児童・生徒がプログラミング的思考を学べる授業を行えるようにした。

追加されるプログラミング教育用コンテンツは、プログラミング教育の目的の一つである「プログラミング 的思考」の育成を目指すもので、コンピューターでプログラミングすることなくプログラミング的思考を学ぶ事ができるアンプラグドプログラミング教材。

追加されたプログラミング教育用コンテンツを活用することで、身近な事柄からプログラミング的思考を学ぶことが可能。

例えば「乗り物」を題材にして、アルゴリズムを議論し考える内容になっている。 プログラミング経験がない先生でも、簡単に児童・生徒にプログラミング的思考を学ぶ授業を行うことが出来る。

授業支援システム『schoolTakt(スクールタクト)』、神奈川県座間市教育委員会に導入

2017.03.22

プログラミング教育用コンテンツの一例