スリランカのインターナショナルスクールが「Surala JUKU」を5月4日に開校

株式会社すららネットは、スリランカにて小学生向け算数eラーニングシステム「Surala Ninja!」の提供、および、運用支援を行なっている。

今回、スリランカにある幼稚園から高校までのインターナショナルスクールであるYoshida Shokanji International School[以下YSIS]が、シンハラ語版と英語版の「Surala Ninja!」を活用し、日本流のしつけも教える「Surala JUKU」を「Yoshida Learning center」の名称で5月4日に開校する。

シンハラ語版と英語版の両方を活用する「Surala JUKU」の開校

「Surala JUKU」は、スリランカで展開しているGrade1からGrade5(日本の幼稚園年長~小学4年生相当)の児童を主な対象とし、シンハラ語版にカスタマイズしたクラウド型学習システム「Surala Ninja!」を用いて日本の算数技能を学ぶことができる学習塾。

同時にパソコンの使い方を身に付けられ、日本流の「しつけ」(規律や自立学習)も学べる点が生徒や保護者より高評価を受けている。

これまでBOP層の子どもたちを対象とした学習塾を中心に17校開校しており(5月1日現在)、今回初めてインターナショナルスクールにより、シンハラ語版と英語版の両方を活用する「Surala JUKU」が開校する。

「Surala JUKU」の特長

今回、YSISが新規事業として「Surala JUKU」を開校するに至ったのは、「Surala Ninja!」のレクチャー内容が「質の高い教育の提供」というYSISの方針に合致したため。加えて、規律性・自立学習を身に着ける日本流のしつけを教室で指導する点が日本との所縁が深いYSISの学校の風土に非常に好意的に受け入れられたこと、保護者からの要望もありIT教育に力を入れたいという方針があったことが要因としてあげられる。。

また、YSISは敷地の一角に、外部向けのコンピュータースクールを運営しているため、e-ラーニングを活用した学習塾を開校するにあたっての設備が既に整っていたことも開校の後押しとなった。

YSISが開校する「Surala JUKU」では、YSISの児童ではない周辺外部の小学生を対象にシンハラ語の「Surala Ninja!」が提供される。また、同時に同校の生徒を中心にインド向けに制作した英語版「Surala Ninja!」を提供していく計画。ファシリテーター(講師)は、いずれもYSISの幼稚園と小学校の教員が担当する。

YSISの知名度の高さを生かした教育サービス

YSISは、日本の寺院の支援により創設された日本にゆかりの深いインターナショナルスクールで、幼稚園から高校まで一貫教育を行っており、授業は英語で行われ、カリキュラムもスリランカのナショナルカリキュラムと、ケンブリッジカリキュラム(イギリスの教育システムに沿ったカリキュラム)の両方を提供している。

すららネットでは、今回の開校においてYSISの地域での知名度の高さを生かして幅広い生徒に教育サービスを提供していく予定。4月に開催した開校説明会では150名を超える保護者が参加し、好反応を得たという。開校時点では、70~80名の生徒でスタートすることを予定している。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。