LITALICO、発達障害の子どもの学びや生活を支援するアプリをリリース

障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICOは、社会課題の解決に向けテクノロジーを活用した取り組みとして、発達障害の子どもを支援するアプリを世界150以上の国と地域に向けてリリースした。

LITALICOの教育事業で行っている指導をベースに、音声で意思を伝えるのが難しい子どもをサポートするコミュニケーションツールと、ことばの理解を楽しくトレーニングできるパズルゲームの2つのアプリを開発、2017年4月に配信を開始した。

今後も新たなアプリの開発を予定しており、技術の力を活用することで、福祉・教育分野で多くの人が抱える課題の解決を目指すと発表している。※2017年4月25日時点で7言語に対応。言語は順次追加予定

アプリ開発の背景

スマートフォンやタブレットの普及が進み、小さな子どもでも楽しみながら学べるデジタル教育のコンテンツが増加する一方、社会課題に対応したコンテンツは質・量ともに不足している。

特に発達障害の子どもの課題に特化して学びをサポートするアプリはまだまだ世界的に見ても少ない状況。

こうした状況においてLITALICOでは、「社会課題を技術で解決する」ことを新たな挑戦と位置づけ、エンジニアの採用を強化し教育・福祉分野のデジタルコンテンツ開発に着手。一人ひとりの発達の特性に応じた指導を行うソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」や、教育・就労に関する社会課題解決に向けて調査・研究を行う研究機関「LITALICO研究所」と連携して開発を進め、2017年4月に2つのアプリの配信を開始した。

えこみゅ (海外タイトル:Card Talk)

えこみゅ
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot
  • えこみゅ Screenshot

日常生活で意思を伝えるのに必要な動作やモノの名前などから、200種類の音声つきカードを用意。発語が苦手な子どものコミュニケーションをサポートする。

好きな写真を選び録音することでオリジナルの音声つきカードを作成でき、用途に応じてオリジナルカードを用いたコミュニケーションが可能。

どうぶつまるカード (海外タイトル:Round Card Animals)

意味・音・形の関係性をゲームを通して直感的に理解。同じ動物の「意味」同士をぶつけてマッチングさせるところから、ステージが進むごとに「意味」と「音」、「意味」と「文字」など、様々な組み合わせのマッチングが必要に。大人も楽しめる全30ステージを用意している。

今後もLITALICOは、コミュニケーションや生活を支援するツールや知育アプリを中心に、日本国内のみならず海外での利用にも対応したアプリのリリースを進める。