全国の約140校の入試過去問をスマホで学べるアプリ、「スタディギア for 大学受験」リリース

株式会社教育測定研究所は、全国約140の主な国公私立大学の大学入試過去問を検索、閲覧、学習できるiPhone向け無料学習アプリ「スタディギア for 大学受験」を開発し、2017年4月18日にリリースした。

スタディギア for 大学受験とは

JIEMは、実用英語技能検定2級から5級に必要な学習項目をオールインワンで学習できるオンライン学習プログラム「スタディギア for EIKEN」を、公益財団法人日本英語検定協会と共同で開発し、共同で運営する英語学習のポータルサイト「英ナビ!」の会員向けに提供しており、2013年7月のリリース以来、延べ45万人以上の学習者に利用されている。

「スタディギア for EIKEN」で蓄積したスマートフォン向け学習アプリのノウハウを、大学入試対策で需要の高い過去問演習においても展開し、いつでも、どこでも学べる過去問学習アプリとして、この度「スタディギア for 大学受験」をリリースした。

なお、「スタディギア for 大学受験」に掲載される大学入試の過去問は、株式会社旺文社より情報提供を受けている。(同社刊「全国大学入試問題正解」に掲載された大学入試問題および解答・解説の一部)

iPhone専用アプリとして提供を開始し、無料で利用が出来る。

スタディギア for 大学受験の特徴

[特徴1]全国の主要大学の過去問を、過去3年分、無料で見られる

全国約140の国公私立大学の過去問、解答・解説の一部を、過去3年分、すべて無料で閲覧出来る。

[特徴2]大学別、学部別、科目別、年度別でサクサク見つかる

志望校名や重点的に学習したい科目などのキーワードで検索し、学習したい問題をすぐ見つけられる。iPhoneアプリだから、スキマ時間などに、効率的に活用出来る。

[特徴3]志望校や学習履歴にもとづくオススメ問題を表示

自分に合った問題をシステムが自動判別し、ログインする度に「おすすめ」枠に表示する。使えば使うほど、自分でも気付かないオススメの演習問題に出会える。

[特徴4]合格した先輩からの実践的な学習アドバイスや攻略コメント

受験を乗り越えた大学生による具体的なアドバイスやコメントが、問題ごとに見られる。傾向・テクニック・知識・学習法などの切り口で、新たな気づきが得られ、学習効率がアップする。

株式会社教育測定研究所について

株式会社教育測定研究所は、「教育分野における正しい教育測定技術(テスティング)の研究および、その成果である正しいテスト法の流布・流通を通して、効果的な教育の実践、ひいては個人の能力の発展に寄与すること」を理念として2001年に設立された。

テスト理論の専門家を社内に多数擁し、2001年より日本初のIRT(項目応答理論)に基づく個人適応型CBT(Computer Based Testing)の英語テスト「CASEC(R)」を提供している。CASEC(R)の累計受験者数はこれまで160万人を超え、CBTの安定運用でも非常に高い評価を得ています。

また、教育測定技術の専門性を強みに、自社開発のテストに加えて次世代の学習アプリの提供など、教育に関する開発・分析・コンサルティング・オペレーション等の多様なサービスを提供しており、国際機関や行政機関が行う学力調査を受託・実施している。

※ スタディギア(R)は、株式会社EduLabの登録商標(株式会社EduLabは、株式会社教育測定研究所のグループ会社)

EduLab、EdTechに特化したアクセラレータファンド 「LEARNLAUNCH Accelerator II」に投資

2017.02.27

EduLabグループ、次世代型実務運用能力測定テストを提供するAuthessにアーリーステージ投資

2016.11.08

グローバルに展開、投資を行う日本のEdTech企業、EduLabとは

2016.09.09