楽天、「Rakuten Super English」を開始、英語教育事業に本格参入

楽天株式会社は4月21日より、テクノロジーを活用した実用的な英語学習や新しい学習スタイルを提案する総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し、英語教育事業に参入した。

第一弾として、Lingvist社(リングビスト)が提供する外国語学習ソフト「Lingvist」と楽天グループの株式会社ReDucateが提供する英語学習アプリ「まなみ~」を提供している。

各コンテンツとも、アダプティブラーニングのコンセプトに基づくアルゴリズムにより設計されており、効率的に英単語を身に付けられるようになっている。いずれも、パソコン、スマートフォン、タブレット上で利用でき、iOSおよびAndroid向けの専用アプリも提供している。

現在、国際社会における共通言語として英語の重要性はますます高まっており、日本においても多くの教育機関や企業・団体が実用的な英語力の向上に取り組んでいる。楽天も、事業のグローバル展開拡大に向けて2010年より社内公用語の英語化に取り組み、従業員のTOEIC(R)テストスコアの平均点は830点(楽天単体)を超えるまでになっている。

この取り組みにより培った豊富な経験・ノウハウを活用し、今後は「Rakuten Super English」を通じて、英語学習者向けにテクノロジーを活用した英語力強化を支援するツールやサービスを提供するとともに、新しい学習スタイルを提案する。また、教育機関や企業・団体等向けに英語活用方法や英語力向上に関するコンサルティングも行う。

「Lingvist」は、これまで海外ユーザーを中心に複数の言語学習に対応しており、世界中で累計60万人の登録ユーザー数を誇る。楽天との協業により、日本のユーザー向けには、日常英会話やビジネス英語に対応した英単語を学べるソフトを提供している。

「まなみ~」は、小学生から高校生までの授業で学ぶ英単語を学習できる英語学習アプリ。英訳、和訳、アクセント、スペル入力など多彩な問題形式を揃えており、ゲーミフィケーションのコンセプトに基づき、ゲーム感覚で楽しく学習が続けられるように設計されている。

「Rakuten Super English」開始を記念して、期間限定で、エントリーをして有料会員登録をした場合、「楽天スーパーポイント」200ポイントがプレゼントされる。

KDDI、ソフトバンク、ベネッセ、リクルート、楽天も!EdTech関連市場 大企業提携マップ

2015.08.19