みんなのコード、授業で使えるプログラミング教材「プログル」をリリース

一般社団法人みんなのコードは、プログラミング教材「プログル」をリリースした。「プログル」は、2020年のプログラミング教育必修化を見据え、全国初の算数の公倍数の単元に特化した、授業で使えるプログラミング教材。

プログルとは

文部科学省では次期学習指導要領での小学校のプログラミング必修化について、「総合的な学習の時間」や「各教科内」にて実施することになった。しかし、多忙かつプログラミングのプロフェッショナルではない教員が、既存の汎用的なプログラミング教材で「教科内でのプログラミング教育」を実践する為には、自由に使えるプログラミング教材を教科の内容と紐付けた上で、ペースの異なる一学級の児童を同時に指導する必要があり容易ではない。

みんなのコード、教師・教員を対象とした「プログラミング指導教員養成塾」を開講

2017.03.30

そのため、みんなのコードでは、授業でそのまま使えるプログラミング教材「プログル」を開発した。「プログル」は「できること」「やること」「かんがえること」の目的に特化した、ドリル型のコース設計となっているため、「1. 課題が明確であり先生が授業設計しやすい」、「2. 児童の思考に必要なブロックを組み合わせる過程で教科とプログラミングの思考を鍛える」、「3. ドリル型の教材である為、学習ペースの異なる児童がそれぞれのペースで深く学習可能」、「4. ログイン不要・インストール不要・無料で様々な学校のICT環境で実行可能」といった特徴を備えている。

コース設計

・公倍数コース

小学校5年生の算数の単元である公倍数を学習することができる「公倍数コース」。1〜30までの数字をキャラクターに数えさせながら、「3で割り切れる数」や「5で割り切れる数」のときに別の言葉を言わせたりするようなプログラムを書かせていくことで、公倍数の性質に親しみながら、プログラミングの基本要素である、「順次処理」「条件分岐」「繰り返し」の3つを身につけることが出来る。

・多角形コース(今夏リリース予定)

同じく小学校5年生の単元である多角形を学習することができる「多角形コース」。次期学習指導要領には、教科×プログラミングの具体例として、算数の多角形があげられている。教員が使いやすい教材を目指して、現在開発を進めている。

教材による教員指導を目指す

2020年のプログラミング必修化が文部科学省より発表されているが、残念ながら現在全国40万人の小学校教員にプログラミング実践の適切な環境は整っていない。みんなのコードは、「先生が授業で使いやすいプログラミング教材」を開発することで、今後「プログル」を通して早期段階から試験的にプログラミングを授業で実施する教員が増えることを目指している。

今後「プログル」を使った指導案の配布や、実際に使用経験のある教員から授業実施のアドバイスを受けることができる仕組みを整え、学校でのプログラミング実践がより活発になるために尽力する。

「プログル」リリースイベント

「プログル」をリリースするにあたり、5月13日(土)16時よりリリースイベントを行う。開発者による「プログル」の説明や先行実施教員によるパネルディスカッションを行い、より多くの教員及び関係者にいち早く「プログル」を体験していただける機会となっている。

  • 【日時】2017年5月13日(土) 16:00 ~ 17:30
  • 【開催地】ラクスル株式会社, 東京都品川区上大崎2丁目2−24−9 アイケイビル 1F
  • 【募集人数】50名
  • 【内容】
    • 「プログル」開発の狙い(みんなのコード代表 利根川 裕太)
    • 開発者による「プログル」特徴紹介
    • 先行実践教員によるパネルディスカッション

プログラミング必修化へ向けて「先生・保護者ができること」 みんなのコード代表利根川氏インタビュー

2016.12.27

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。