旺文社、英検/TOEIC/TOEFL/TEAPのリスニング対策アプリ「英語の友」を配信開始

旺文社は、旺文社が刊行する英語資格試験対策書のリスニング学習をサポートするアプリ「英語の友」を、4月12日よりApp Storeにて配信開始した。

「英語の友」は、旺文社が刊行する英検(R)・TOEIC(R)・TOEFL(R)・TEAPなどの英語資格試験対策書に対応した音声を、スマートフォンで手軽に聴ける無料アプリ。

旺文社ではこれまで、書籍付属のCDやweb上でダウンロードするファイルとして音声を提供してきた。しかし近年、スマートフォンの急速な普及に伴い、学習者が音声を再生する環境も変化している。

「CDやダウンロードでは、スマートフォンに取り込んで再生するのに手間がかかるため、もっと手軽に聴けるようにしてほしい」との読者からの声が多く寄せられており、それに応える目的で開発された。

音声を聴くまでのステップが簡単になるだけでなく、語学学習に適したリスニング機能を用意している。シンプルな操作で再生でき、再生速度の変換などの補助機能も充実した「標準モード」、単語を聴きながらチェックを入れられ、「覚えた/覚えていない」などの仕分けができる「単語モード」が、2つのメイン機能となる。

書籍とアプリを組み合わせて使うことで、より多角的に学習を進められるようになっている。リリース時点では30タイトルの書籍に対応し、今後も追加予定。また、コンテンツの増強とともに、さらなる機能アップデートも予定している。

「英語の友」の特長

(1) 思い通りにサクサク聴ける「標準モード」

全書籍に対応した、メインの再生モード。シンプルな操作で、自分の聴きたいトラックをすぐに再生することが出来る。スロー再生や高速再生を自由自在に設定できる「再生速度の変換」機能や、リピート再生やバックグラウンド再生など、語学学習に便利な機能が搭載されている。

(2) 聴きながら暗記チェックができる「単語モード」

英単語学習に特化した再生モード。単語の英語音声を再生しながら、一つ一つの単語にチェックを入れることが可能で、「覚えた/覚えていない」などを自分で仕分けて学習に役立てることが出来る。再生間隔の調整やシャッフル再生などの機能も用意し、耳を使った単語学習をサポートする。

(3) 学習継続のモチベーション維持に「学習カレンダー」

アプリで学習した日はカレンダーがピンクに塗られ、毎日の学習状況を確認することが可能。目標とする試験日を入力すると、日数カウントダウン機能も利用でき、日々の学習のモチベーション維持に役立つ。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。