楽器ソフトウェア「KAGURA」とプログラミング教育アプリ「Springin’」マレーシア進出

株式会社しくみデザインは、マレーシアの首都・クアラルンプールのISETAN The Japan Store内にあるイベントスペース「CUBE_1」にて開催される、日本企業の技術や製品と「知育」を掛け合わせた体験型展示イベント「TOYBOX OF JAPAN」(2017年4月5日~6月10日)において、新世代楽器ソフト「KAGURA」、直感型プログラミング教育アプリ「Springin’(スプリンギン)」を出展する。

主な展示エリアと概要

1.インタラクティブエリア「SOUND BOX」★KAGURA

入り口すぐのエリアには、巨大スクリーンを使ったKAGURA体験コーナーを設置する。このコーナーのために制作した、8ビットゲームサウンドや雅楽をモチーフとしたオリジナルのサウンドセットを、来場者が全身で演奏して楽しむことができるようになっている。

2.プロダクト展示エリア「TOOL BOX」★Sprinign’(他にも複数展示あり)

2017年3月5日に東京で開催したワークショップで作られた、日本の子どもたちの作品が遊ぶことのできる「ゲームセンター」として、Springin’を展示する。設置された4台のiPadに、この展示のために子供たちが作った18作品が並ぶ。
その他、自由に出入りできるエリアにはKAGURAのタッチ&トライコーナーを設けるなど、参加型の展示となっている。

新世代楽器ソフト「KAGURA」について

「KAGURA」は”すべての人に演奏体験を”を目的に開発され、PCとカメラさえあればアプリをインストールするだけで誰でもミュージシャンになれるソフトウェア。カメラを使った画像処理による革新的なインターフェースで、楽器の弾けない人でも体を動かすだけで演奏可能になり、今までにない自由な身体の動きを使った演奏スタイルも実現させる。

直感型プログラミング教育アプリ「Springin’」について

株式会社しくみデザインが2017年1月にリリースしたiOSアプリケーション。子供たちが楽しみながら「つくりたくなる」ことをベースとし、自発的な創造性と、それを形にしていく論理的な思考の両面を育むことで「クリエイティブシンキング」の力を身に着けることが可能。自分で描いた絵や写真を使ったアイテムに、簡単な操作で「属性(性格)」や「関係性」を持たせ、それらを組み合わせていくことでゲームや絵本など自分だけのオリジナル作品を創りだすことができる。

「TOYBOX OF JAPAN」展 開催概要

  • 展示会名: TOYBOX OF JAPAN‐Let’s discover your children’s creativity & inspiration!‐
  • 会期: 2017年4月5日(水)~2017年6月10日(土)※知育イベントは2017年5月27日(土)・28日(日)の2日間開催。
  • 開館時間: 午前11:00 – 午後9:00(最終入場 午後8:30)※営業は、ISETAN The Japan Store Kuala Lumpurの営業日に準じます。
  • 入場料: 4歳以上 RM15(マレーシア・リンギット)、※10人以上の場合RM8(約120円)/人、3歳以下は無料
  • 会場 :「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」3F THE CUBE / CUBE_1(50 Japan Sultan Ismail 50250 Kuala Lumpur, Malaysia)
  • 主催: ICJ DEPARTMENT STORE (M) SDN. BHD./大日本印刷株式会社
  • キュレーション: NPO法人CANVAS

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。