VR専門の学校「VRプロフェッショナルアカデミー」2017年4月1日開校

株式会社VRデザイン研究所は、学校法人桜丘学園と共同で、日本初のバーチャルリアリティ専門の教育機関『VRプロフェッショナルアカデミー』を開校した。

昨年11月25日から1ヶ月間第一次募集活動を行い約350名の応募があった。20代の若いエンジニアを中心に大学生から40代の元VR研究者まで幅広い優秀な人材が集まっている。

その後、書類選考、プログラミングスキル選考、WEB面談を通過した方が最終の1dayワークショップに参加する選考を行い、第一期生は最終30名に絞り込まれた。講師陣は、VRコンテンツ開発を行っている企業の現場のプロが結集。御茶ノ水での開校イベントを皮切りに、3ヶ月の実践学習がスタートしている。

VRプロフェッショナルアカデミー設立の背景と主旨

2015年で定員割れが全体の4割にのぼる多くの私立大学や専門学校が閉校等の激変期を迎えている。一方、各産業や企業は、より高い生産性の向上に繋がるICT化を更に加速し、そのための即戦力人材を求めている。昨年のVR普及元年、また今年のAIブームも加え、今より増して、ITエンジニア不足が見込まれ、即戦力エンジニアの育成が急務。

大企業は勿論、特に人材難で苦しむ中小企業へのITエンジニアの供給と育成は必須といえる。そこで、VRプロフェッショナルアカデミーは、ITエンジニア育成のためのエコ・システムを構築すべく新しい教育機関の設立し、文科省が2019年開設予定の「専門職大学」を目指す。

VRアカデミーとは

実践的な職業訓練を行うプロフェッショナルスクールです。テーマは、VR/AR/MR。 ソフト開発の研究を通して、日本におけるVR関連の様々な分野への普及と
世界に通じるグローバルクリエイティブ人材の育成に寄与することを目的とします

VRアカデミーの概要

  1. 2017年4月開校。場所は御茶ノ水
  2. 学習期間は、3ヶ月間の短期集中・少人数制
  3. コースは「VRエンジニアコース」
  4. 対象:VRエンジニアとして企業への就職・転職希望者

VRアカデミー3つの特徴

  1. 入学金、授業料は “無料”→企業スポンサーからの奨学金システム。
  2. 仮想プロジェクトによる実践スキル学習→“クエスト方式”。
  3. 企業の現場で働くプロが講師、→“体験型アクティブワークショップ”。

 

VRアカデミー新設講座

5月より「NEW TECHプロデューサー養成講座」を開設する。VR/ARだけでなく、AIやIOTを活用した新しいサービスやコンテンツを企画立案するプロデューサー、プランナー、ディレクターを育成する。