小学館の通信教育ドラゼミ、会員向けコンテンツがアップグレード

通信添削学習サービス『ドラゼミ』を運営する株式会社小学館集英社プロダクションは、2017年4月3日よりドラゼミ会員向けサービスをアップグレードした。

  • 学習達成度の“見える化”を図る「アドバイスシート」
  • 子育てや教育コンテンツがまとめられた「保護者向けサイト」
  • 小学館の百科事典や国語辞典などが利用できる「キッズナレッジ」
  • 調べ学習に最適な大人気の「小学館 デジタル版・図鑑NEO」

など充実したデジタルコンテンツが会員限定で追加される。

2017年4月3日からは、子供の学習達成度や得意・苦手ポイントなどをわかりやすく提示した『アドバイスシート』を返却時に同封。また、『デジタル添削』を導入し、毎月実施されるテストの添削結果をWEBでも確認できるようになる。

さらに「小学館の図鑑NEO」「少年少女 人物日本の歴史」など、小学館の人気シリーズをPCやスマートフォンで閲覧できる『デジタル版・図鑑NEO』『デジタルライブラリー』などのデジタルコンテンツが、ドラゼミ会員限定で利用できるようになる。価格は変わらないまま、より充実した会員サービスが提供される。

小学館の通信添削学習 ドラゼミとは

『ドラゼミ』は創業以来90年以上の歴史を持つ出版社・小学館のノウハウを反映させた、通信教育学習(3歳~小学6年生対象)。「百ます計算」などでおなじみの陰山 英男先生がスーパーバイザーを務め、学校の教科書以上の内容も取り入れたオリジナルカリキュラムで、作文の表現力や、図形問題に対する柔軟な発想力を伸ばす。

スタート当時には業界初であった個別担任制によって、きめ細かな指導を可能としている。ぷちドラゼミ(幼児向け通信教育)は、ドラえもんたちがたくさん登場するストーリー構成のテキストで、「学ぶ楽しさ」を伝える。入学前の「もじ・かず」学習や、家庭学習の習慣づけにぴったりの教材。

 

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。