角川アスキー総合研究所、プログラミング教育を学ぶ授業・指導案作成に活かせる体験セミナーを開催

株式会社角川アスキー総合研究所は、2017年4月16日(日)に、青山学院大学客員教授で、NHKのEテレで放送の教育番組「Why!? プログラミング」のプログラミング監修も務めている阿部和広氏を迎えた、プログラミング教育に関する体験セミナーを開催する。

このセミナーは、児童・生徒たちの指導にあたる教師の方々やプログラミング教育関係者を対象に、いま知っておくべきプログラミング教育に関する事柄を、コンパクトかつ体験的に触れられるもの。講師である阿部和広氏は、児童・生徒たちが気軽に触れることが可能なプログラミング言語である、Scratch(スクラッチ)を使ったプログラミング教育の第一人者で、実践的な演習や事例紹介が行われる。

セミナーの構成

  • 2020年から開始する新教育指導要領にもとづく日本のプログラミング教育のここまでの道のりと内容について
  • プログラミング教育の先駆者である、シーモア・パパートやアラン・ケイといった先駆者たちの考え方の解説
  • 世界で最も使われているプログラミング言語のひとつである「Scratch(スクラッチ)」を用いたプログラミング演習
  • Scratchを小学1年生から6年生までの全学年に導入し、通常の教科の授業の中で使っている公立小学校の事例紹介

2020年に向け、プログラミング教育の指導案作成において留意すべきポイントはなにか、どのようにすれば児童・生徒たちが主体的・対話的にプログラミングを学ぶことができるのか。

上記の論点ついて、具体的な事例を交えつつ、参加者が考えられる機会を提供する。また、実際に演習の時間を設けることで、児童・生徒たちが試行錯誤を伴いながら学習することの意義を体感出来る。

セミナー開催概要

  • タイトル: 「阿部和広先生とプログラミングを学んで授業に活かす体験講座」
  • 日時: 2017年4月16日(日) 13時00分~17時00分※受付開始/開場は、12時30分から
  • 会場: 角川第3本社ビル 3F(東京都千代田区富士見1-8-19)
  • 参加費: 10,000円(税込)
  • 募集人数: 40名
  • 対象: 教師、学校およびプログラミング教育関係者※プログラミングの経験は不問
  • 機材について: Windows、Mac、iPadの持ち込み可
  • 講師:阿部和広(あべかずひろ)氏