GABA、英語に特化したクラウドソーシングサービス「イングリッシュエージェント」開設

マンツーマン英会話スクールを運営する株式会社GABA(ガバ)は、英語関連業務に特化した総合型クラウドソーシングサービス「イングリッシュエージェント」を開設、サービスを開始する。

「イングリッシュエージェント」は、英語に関わる幅広い業務を扱う総合型、クラウドソーシングサービス。個人/個人事業主、法人を問わず利用が可能。4月3日(月)より受注者および発注者の登録を開始し、今夏の本格稼動を目指し、段階的にサービスを展開する。

「イングリッシュエージェント」開始の背景と目的

GABAは創業以来、英会話スクール事業を通して受講生の目標達成や挑戦をサポートしてきた。

近年過去最高を更新し続ける訪日外国人への対応や、ビジネスの海外展開などにより、英会話学習市場は拡大を続けている。しかし、英会話へのニーズが高まる一方で、身につけた英会話のスキルを使う機会を持てず、英会話学習のモチベーション維持が難しいという声も聞かれる。

GABAは、「英語を使って仕事をする」機会を創出することで、英会話の学習価値向上と英会話市場の活性化を目指す。

イングリッシュエージェントのサービスの特徴

  • 翻訳、通訳、各種代行など英語に特化した幅広い案件の登録が可能
  • 英語レベル、業界知識、業務知識、実務経験など詳細なプロフィール登録ができるため、ワーカーの得意分野やスキルが分かりやすい
  • 受注者の英語力強化に向けたサポート体制 ※今後展開予定