ロイロ、ベネッセを提訴。「ロイロノート・スクール」の模倣から生じた損害賠償を請求

株式会社ロイロは、2017年3月27日、株式会社ベネッセコーポレーションに対して、製品の模倣から生じた損害の賠償を求める訴訟を岡山地方裁判所に提起した。

株式会社ロイロは、ベネッセが販売するWindows用アプリケーション「オクリンク」が、ロイロが開発・販売する「ロイロノート・スクール」に酷似しており、製品を模倣したものと主張している。

ロイロは、ベネッセに対して再三にわたり通知を行ったが、正式な裁判によって解決を図るべく提訴に至ったという。

「オクリンク」の画面画像(カタログPDFの1ページ目、画面中央付近に小さく掲載)

http://www.teacher.ne.jp/miraiseed/pdf/miraiseed_2015_catalog.pdf

ロイロノート・スクールについて

ロイロノート・スクールは、主体的な学びに最適なタブレット用授業支援アプリ。シンプルさで、先生の授業アイディアをかんたんに実現することが出来る。

簡単に自分の思考をまとめ、発表することができる、子供たちが自ら考え表現できる機会を増やすことができる。何度も自分の言葉で説明することで自信が付き、「思考力」「判断力」「表現力」を育成する。全国500校以上の学校で導入され、その双方向型授業による成果が報告されている。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください