すららネット、経済産業省の「はばたく中小企業300社」に選出

株式会社すららネットは、経済産業省中小企業庁が発行する「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選出された。

選出は、アダプティブ・ラーニングに対応する機能を備えたクラウド型学習システム「すらら」の企画・開発を行う「ものづくり」の側面と、国外でのBOP層のニーズやビジネスの可能性を発掘し、世界の教育格差の問題を解決する「需要創造」の側面が認められたもの。

すららネットでは、「教育に変革を、子どもたちに生きる力を」という理念のもと、学習塾や学校を通じて「すらら」を提供するほか、NPO法人と連携し、低所得世帯の学習支援活動にもサービスを提供している。

また、日本人向けのクラウド型学習システム「すらら」をもとに、海外用に作成された小学生向け算数クラウド型学習システム「Surala Ninja!」の企画・開発も行っている。

スリランカでは、JICA 中小企業海外展開支援事業の採択を受け、現地におけるe ラーニングビジネスの展開可能性の高さを確認し、「Surala JUKU」を事業化、「Surala Ninja!」を用いることで、教師のレベルに左右されずに効果性の高い算数教育を低所得者層の子どもを中心に低価格で提供している。

日本の算数技能を学ぶことができ、同時にパソコンの使い方が身につくこと、日本流の「しつけ」(規律や自立学習)も教えられることなどが生徒や保護者に高評価を受けている。さらに、「Surala JUKU」のファシリテーター(講師)として、現地の女性を積極的に採用し、女性の雇用機会創出にも繋げている。

シンガポール日本人学校 中学部、「すらら」を4月より導入。個人の学力や進度に対応するアダプティブ・ラーニング機能により採用を決定

2017.03.03

反転授業とは何か?メリットやデメリットは何がある?

2017.02.17