FOM出版、Makeblock社製「mBot」を使ったロボットプログラミング書籍を販売開始

富士通エフ・オー・エム株式会社は、mBot(エムボット:Makeblock社製の組み立てロボットキット)を使ったロボットプログラミング基礎教育用書籍を、2017年3月23日(木曜日)に発売する。

『Makeblock(注1)公式 mBotで楽しむ レッツ! ロボットプログラミング』表紙

児童・生徒向けのロボットプログラミング

時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」を育むことを目標に、2020年度から小学校において必修化となるプログラミング教育であるが、児童・生徒が取り組みやすい題材として、ロボットを作り、プログラミングを楽しく学ぶことができるロボットプログラミングが注目される。

mBotを動かしながら小さな目標を達成する体験を積み重ね、プログラミング的思考を育成することを目的としたmBot初の公式テキストとなる。

商品の特長

mBot初の公式テキスト

mBotは欧米の小学校に評価され世界各国で販売、日本でも2016年12月に販売開始となった。これまで公式テキストはなかったが、今回初の公式テキストとして、FOM出版が発売する。

小学生向けのプログラミング教材としてわかりやすく解説(ルビ付き)

mBotの組み立てから、「mBlock(注3)」を使ったプログラミングまでを学習する。小学生の読者を想定して、大きな文字で構成し、ルビを入れ、語りかけ調の親しみやすい文体にしていく。

楽しみながら論理的思考・創造性・問題解決能力を育成できる

mBotのライトを光らせたり、音楽を鳴らしたり、障害物にぶつからないようにしたりといった操作を、プログラミングを通して学習する。実際にmBotを色々な形で動作させることで、楽しみながら自ら考えて学習し、論理的思考・創造性・問題解決能力を養うことができる。

mBotの組み立て方の解説動画など、3種の購入特典を提供

購入特典として、以下3点を提供。

  • mBotを組み立てるコツを動画で確認できる「解説動画(ネット配信・約20分)」
  • mBotにお面として付けて利用できる「フェイスデザインテンプレート(PDFダウンロード提供)」
  • mBotの動きを計測するときに便利な「メジャー・分度器(PDFダウンロード提供)」

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。