リクルートマーケティングパートナーズと東広島市、保育園と保護者をつなぐサービス『kidsly(キッズリー)』の実証実験を開始

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズが提供する『kidsly(キッズリー)』は、東広島市と協働し、平成29年度4⽉から東広島市立保育所4か所にて、kidslyのサービス提供・実証実験を開始する。

『kidsly(キッズリー)』とは?

kidsly(キッズリー)は、保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス。

kidslyを使う事によって、保育士は園内のさまざまなシーンの写真とレポートを、kidsly に登録している保護者や遠方の家族に最大4名まで届けられる。それに対し保護者は、いいね!やコメント、絵入りのスタンプなどを使って、感謝の気持ちを伝えることができる。文字だけでは伝えられなかった子どもの様子が保護者へ鮮やかに伝わり、保育士は保護者からの反応を得られることで、双方向のコミュニケーションの質と量が向上される。

またkidslyには、以下のような機能が搭載されている。
  • 出欠・お迎え連絡:登園・遅刻・欠席状況を毎日簡単かつ便利に管理。
  • 連絡帳:園児の様子を保護者と共有し、園児の理解と双方のコミュニケーションを深めることができる。写真やスタンプを送ることも可能。
  • 写真:保育の様子を写真で伝えることで、保護者の安心を醸成し、よりオープンなコミュニケ―ションが実現される。
  • 個別連絡:緊急で保護者の方に連絡が出来る機能。
  • 園からのお知らせ:持ち物の連絡、行事の連絡などをプリントに替わって、保護者に一斉連絡ができる。
  • カレンダー:1年間のイベントをカレンダーで表示し、保護者に前もって伝えられる。

kidslyと東広島市の協働研究概要

今回のkidslyと東広島市の共同研究の目的には、以下の2点が挙げられている。

  1. 保育士の業務効率化による、保育に関する質の向上
  2.  保育士と保護者のコミュニケーションにおける、スマートデバイスやアプリケーションなどICT化の有効性

東広島市について

東広島市は子育て環境の整備に努めるなど子育て支援に積極的な市。充実した育児支援があり、行政を中心とした街全体で子育てを行う仕組み作りが存在する。

2020年度までに保育所などの待機児童ゼロを目指すなど、市が中心となって子育てしやすいまちづくりに取り組んでいる。

東広島市における『kidsly(キッズリー)』導入に至った背景

東広島市は子育て環境のさらなる整備を目的に、公立保育施設において保育支援システムであるkidsly(キッズリー)の導入に至った。

今後は保育の質向上を目指すべく、kidslyの特徴である、「紙の業務をデジタル化させることによる保育士の業務負荷の軽減」と「保育士と保護者のコミュニケーションの活性化」を生かすことで、ますます子育てしやすい環境作りをしていく。

東広島市コメント(こども未来部保育課)
今回の実証実験は、保育士や保護者にはICT利用にしっかりと慣れていただくチャンスと考えています。実際の利用状況についても保育士等からの意見を確認しながら、ICTの導入による有効性について検証していきたいと思います。ICTの活用によって保育の質と保護者に対するサービスが向上することを期待しています。

『kidsly(キッズリー)』今後の展望

kidslyは、東広島市との共同研究の成果で得た知見をもとに、産官連携をより一層深め、保育施設、保育士、保護者を中心とした保育・子育て環境のさらなる向上を目指していく。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください