DIVE INTO CODE、パソナキャリアと業務提携。IT人材輩出への貢献が目的

株式会社Dive into Codeは、人材紹介・再就職支援サービスを運営する株式会社パソナ パソナキャリアカンパニーと2017年3月20日(火)に業務を提携した。

DIVE INTO CODEとパソナキャリアの業務提携のねらい

株式会社Dive into Codeは、独学によるプログラミングスキル習得の挫折を経験した人や、システムエンジニアからWeb系エンジニアへの転身を図る人などを対象とした、プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」を運営している。

これまで プログラミングスクール DIVE INTO CODE では、全ての課題を突破した卒業生に「SECONDTEAM」として開発実務経験を積ませる機会や、人材紹介企業との業務提携にて卒業生の転職支援サービスを提供してきた。

SECONDTEAMとは、DIVE INTO CODEの卒業生による開発サービス。起業家や企業が新規事業などでプロトタイプとして開発する案件を安く提供している。スクールにおけるコースの全課題を突破した卒業生は、SECONDTEAMに所属することで、実務・有償で開発経験を積む機会が得られる。

今回のDIVE INTO CODEとパソナキャリアの提携により、パソナキャリアに登録された転職潜在層人材へ、DIVE INTO CODEからプログラミングスクールの提供、その後の転職支援が可能となる。教育と案件紹介・転職支援を循環させることで、不足するIT人材の輩出に貢献することが目的だ。

プログラミングスクール受講者のエンジニア転身の実情

企業の開発現場において、プログラミングスクール受講者が即戦力として活躍することは現実では難しく、転職先は育成体制のある企業に限られているという現状があった。

また採用を検討する企業としても、採用候補者がどの程度のプログラミングスキルを身につけているのかがわからず、二の足を踏んでしまうこともある。これらの現状は、プログラミングスクール受講者がエンジニアに転身する際のボトルネックとなっていた。

そこでDIVE INTO CODEは、プログラミングスクール受講者に実務経験を積ませること、スクール受講中から実務の期間のパフォーマンスを評価し企業に推薦することで、このような課題を解消する。