ドコモgacco、学生が制作した特別講座の受講募集を開始 ―テーマは「秋田弁」と「ロボット」―

株式会社ドコモgaccoが運営するオンライン講座「gacco(R)(ガッコ)」において、10代の学生がどれほどのポテンシャルを持ち、アクティブに活動をしているかを紹介する「10代の表現を応援する」gacco特別講座を2017年5月23日(火)より開講する。

受講募集は、2017年3月16日(木)15時より開始。

ドコモgaccoは、THINKERS(※1)の『自ら考え、行動し、表現する若者を支援する事業で未来を創る』というコンセプトに共感し、10代のプレゼンコンテストが開催されるTHINKERS FES 2016に協賛した。そこで発表を行ったプレゼンコンテスト登壇者のプレゼン力と研究成果内容を、gacco会員を含め、教育関係者にも広く知ってもらうため、gacco初の試みとして、学生が講師となる講座を開設する。

※1 THINKERSは、学校を超えて学びあえる10代限定の招待制SNS( http://www.thinkers.jp/ )

プレゼン登壇者のうち、優秀賞受賞者2組が、1週ごとに講師を務める。

通常のgacco講座と同じく、各週テストが設定されており、所定の基準を満たした修了者には、学生講師のサインが入った修了証が発行される。学習期間2週間程度の誰でも気軽に無料で受講できる講座。

第二言語として学ぶ 実践・秋田弁講座

1週目は、「第二言語として学ぶ 実践・秋田弁講座」と題し、秋田弁をひとつの言語としてとらえ、言語そのもののつくりや成り立ちなどを紹介する。秋田弁以外の方言についても見直すきっかけとなる講座である。

ロボットの魅力を伝える~ロボコンを通じて~

2週目は、「ロボットの魅力を伝える~ロボコンを通じて~」と題し、米国のロボット競技会参加経験を生かし、ロボット製作に加え、ロボコン参加チームのマネジメントなどを紹介する。ロボコン参加者から見たコンテストの裏側を見ることができる講座となる。

生涯学習には無料で学べるオンライン大学講座「gacco(ガッコ)」がおすすめ

2017.03.05

文化庁、文化財を中核とする観光拠点形成に向けた講座をgaccoで開講

2017.02.03

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。