教師・教員・先生が英語の授業で活用できるアプリまとめ

英語の学習では、リスニング、語彙力、長文読解、文法など、様々な力が必要ですよね。

「生徒の苦手を克服させたい!」「楽しく学習させたい!」などと考えている先生や講師の方もいらっしゃることと思います。

普段の授業に加えて気軽に楽しく学ぶことができるアプリなどを用いることで、子どもたちの苦手を改善したり、学習意欲を向上させることができるのではないでしょうか。

この記事では、そんな先生や講師の方向きに英語の授業で活用できるアプリを紹介していきます。

速く覚えられる「英単語アプリ mikan」

「英単語アプリmikan」は英単語の学習アプリで、様々な目的別のコースが用意されています。一部有料のアプリです。

「英単語アプリ mikan」の特徴

  • 高速学習:30秒で10単語の学習ができるので、空き時間にぴったりです。
  • 個々に応じた学習:大学受験やTOEIC、センター試験など目的に応じたコースを選択できます。また、自分のわからない単語のみを学習できる機能もあるため、個々の学習目的や学習状況に応じた使用法が可能です。
  • 発音の学習も:ネイティブの発音が収録されており、リスニングの練習にもなります。

レベル別に学習「続く英語学習 えいぽんたん! 英単語からリスニングまで」

「続く英語学習 えいぽんたん! 英単語からリスニングまで」は個々のレベルに合わせた学習アプリで、一部有料です。

「続く英語学習 えいぽんたん! 英単語からリスニングまで」の特徴

  • 楽しいから続く:様々な出題方法や、ゲーム内のイベント、友達との学習など、楽しく学習を続けられる工夫がしてあります。
  • 個々のレベルに合った学習:はじめに英語レベルを判定し、適切な問題が出題されるため、無理なく学習を続けられます。
  • TOEICRテスト対策も:語学出版社アルクの単語学習書「キクタン」シリーズからTOEIC頻出単語が出題されています。

ディクテーションで学習「TEDICT – TEDで英語を習おう」

「TEDICT-TEDで英語を習おう」はTED講演を英語教材としたディクテーションによる学習アプリです。有料ですが、「TEDICT-TEDで英語を習おう、LITE」という機能に制限のある無料版もリリースされています。

「TEDICT – TEDで英語を習おう」の特徴

  • ディクテーション学習:講演者の話をキーボードで入力すると、文字判定されます。
  • 新しい教材:好きなだけ講演をダウンロードできるため、常に新しい教材で学ぶことができます。
  • TEDビューアー:字幕付きの動画再生機能でTEDビューアーとして活用することもできます。

発音練習もできる「毎日英語 音声で英語を学習して単語を管理できるアプリ」

「毎日英語 音声で英語を学習して単語を管理できるアプリ」は発音練習が可能である有料のアプリです。

「毎日英語 音声で英語を学習して英語を管理できるアプリ」の特徴

  • 発音練習:端末に向かって発音をし、それが音声認識機能によって点数化されます。
  • 実用的なフレーズ:日常の会話の中でよく使われるフレーズが教材となっており、実用的です。
  • 学習内容を管理:発音の練習結果と覚えられているかどうかを管理することができるため、自分の学習状況がわかります。

中学・高校英文法をカバー「早打ち英文法(中学英語・高校英語の英文法)」

「早打ち英文法(中学英語・高校英語の英文法)」は中学・高校の基本的な文法の学習ができるアプリで、広告表示を削除する場合のみ有料となります。

「早打ち英文法(中学英語・高校英語の英文法)」の特徴

  • 基礎の学習:基本的な英文法からスタートするため、英語が苦手な人でも学習を始めることができます。
  • 反復学習:1つの文法項目に対して、5つの例文を使って反復学習がされます。
  • 解説:苦手を生みやすいポイントをわかりやすく解説されています。

以上、「教師・教員・先生が英語の授業で活用できるアプリまとめ」でした。

この記事では、授業の補助や試験対策など様々な学習目的に応じたアプリを紹介しました。

英語は日常的な学習が結びつきやすい科目ともいえます。日常の学習にアプリを加えてみるのはいかがでしょうか。

教師・先生が授業で利用するのにおすすめのアプリ3選

2015.12.02

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。