専門職業大学、専門職大学とは何か?設置の背景、いつから具体化するの?

2016年5月30日、中央教育審議会は「実践的な職業教育を行う新しい高等教育機関」の制度化を馳文部科学大臣に答申しました。この新しい高等教育機関の名称には「専門職業大学・専門職大学」といった案がでているます。

では、そもそも、専門職業大学・専門職大学とはどういった教育機関なのでしょうか。この記事では、新しく提案されている専門職業大学・専門職大学についてまとめています。

専門職業大学・専門職大学とは何か?

専門職業大学・専門職大学は、大学・短期大学・専門学校・高等専門学校などの現在存在している教育機関とは異なります。

近年の社会の変化に伴う人材需要に適応した職業人を育成することや、専門高校卒業者の進学機会や社会人の学び直しの機会の拡大をはかり、即戦力となる専門職業人を育成することを目的とした高等教育機関として提案されました。

また、2017年3月10日には、この新たな教育機関設立にまつわる学校教育法改正案が閣議決定されています。

専門職業大学・専門職大学創設の背景・理由は?

ではなぜ今、専門職業大学、専門職大学創設が進められているのでしょうか。以下のような背景・理由が挙げられています。

  • グローバル競争の激化に伴う技術革新や企業淘汰に応じた、質の高い職業人のニーズが高まっている
  • 企業内で職業訓練の機会が減少しており、学校教育での職業教育の充実が必要
  • 社会や産業の急速な変化に対応した質の高い専門職業人養成には現状の制度では限界がある
  • 社会人の学び直し需要への対応
  • 専門学校卒業生の進学機会の場の提供

この新たな制度創設により、学ぶ意欲と能力のある若者や社会人が質の高い教育を受けることが可能な社会を実現することも背景とされています。大学に向けて一直線の高等教育ではなく、多様化・複線化した高等教育体系を整備することも目的の一つとされています。

生涯学習とは何か?注目される背景は?

2017.02.04

どういった教育、カリキュラムが行われる?

専門職業大学、専門職大学で行われる教育やカリキュラムにはどんな特長があるのでしょうか。

具体的には、

  • 専門高校卒業生・社会人学生・編入学生などの受け入れ
  • 企業との連携を重視
  • 実践を重視し、分野に応じて2年間で300時間以上、4年制で600時間以上の企業内実習
  • 卒業単位の3~4割は「実習」や「演習」にあてられる
  • 必要専任教員数の約4割以上を企業実務経験者にする

上記のような実践的で企業との連携など実社会との連動が重視されているものといえます。

専門学校との違いは?

専門学校との違いは、在籍期間によって「学士」「短期大学士」相当の学位が授与されることが挙げられます。例えば修業年限4年の課程を修了した場合、大学の学士課程を修了した場合と同等に処遇されるようになります。

専門職業大学・専門職大学の場合、大学や短期大学の一部の学部や学科を転換させるなどの、既存の高等教育機関との併設も考えられます。専門学校は学校教育法第1条の定める「学校」に該当しませんが、専門職業大学・専門職大学は学校教育法第1条の定める「学校」に位置づけられる予定です。

専門職業大学、専門職大学はいつから創設される?

専門職業大学、専門職大学の開設は、2019年度が目標とされています。

以上、「専門職業大学、専門職大学とは何か?設置の背景、いつから具体化するの?」でした。学びの選択肢の多様化につながる試みで、社会の変化に対応できるよう教育機関も変わっていく注目度の高い内容です。今後も動きや発表があった際に、情報を更新します。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください