教員採用試験(教職教養・一般教養・過去問)対策に役立つアプリまとめ!

公立の学校の先生、教員になるためには教員採用試験を受験し、合格する必要があります。各地方自治体で試験を行っているため、その地域に応じて対策が必要になります。

この記事では、教員採用試験対策に役立つアプリをまとめています。

スマホやタブレットがあれば、隙間時間に学習できるアプリを使って、公立学校の先生・教師になるという目標に近づいて下さい。

教員採用試験 教職教養・一般教養100問 2016

このアプリは、先生・教師を目指す人に向けて、一般教養の頻出問題が学習できる無料の学習アプリです。ま

ずはこういったアプリで必須事項を完璧にするのがよいかもしれません。

教員採用試験問題集〜過去問から予想問題まで!〜

教員採用試験のために受験者が開発した、過去問や予想問題で演習が出来るアプリです。

問題の内容は東京都の小学校全科の試験に対応しているものが多いとのこと。但し、基本的な教職教養の問題が中心に出題されるようになっていますので、他の地方自治体の受験予定の方でも対策に利用が可能です。

問題のカテゴリ分けや、間違えた問題を何度も反復出来る機能、覚えた問題を出題から除外する機能など、学習しやすくする工夫がされています。

一問一答式の教員採用試験対策:100点くじらLearning

このアプリは、教員採用試験対策のための学習が出来、教職教養,幼稚園教育要領,小学校学習指導要領,中学校学習指導要領などの学習コンテンツが用意されています。

特徴としては、「問題を見て、答えを読み、理解度を評定するだけ」というシンプルな学習法にあります。3回以上学習した問題に関しては理解度変化が折れ線グラフで表示されるようになります。自身の理解度の向上を実感出来る工夫がされています。

このアプリが開発された背景には、教員採用試験の対策には、反復の学習が求められるが実際に継続出来る方はなかなかいないという課題がありました。継続出来ない理由として大きな、学習にとりかかるハードルを解決すべく、取り組むハードルの低いサービスとして設計されています。学習の継続やとりかかるハードルを下げる工夫を行うことで、教員採用試験合格につながるアプリを目指して開発されている。

教員採用試験過去問 2017年度版 〜 関東・甲信越 教職・一般教養

The app was not found in the store. 🙁 #wpappbox

Links: → Visit Store → Search Google

教員採用試験の過去問を過去5年分クイズ形式で確認することが出来るアプリです。クイズ形式と問題一覧で問題の正解/不正解を確認することが出来ます。解説は含まれていないので、学習の成果の確認用として用いるのがよいのではないでしょうか。

このアプリで対象としているエリアは下記のとおりです。(※他エリアのアプリもリリースされています)

  • 東京都
  • 神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市
  • 埼玉県・さいたま市
  • 千葉県・千葉市
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県 (2016年度の問題は準備中)
  • 新潟県 (2016年度の問題は準備中)

以上、「教員採用試験(教職教養・一般教養・過去問)対策に役立つアプリまとめ!」でした。教員採用試験の対策は、一定数の反復が必要です。参考書や問題集を使ってだけではなく、こういったアプリを利用すれば、移動時間やちょっとした待ち時間など隙間時間で上手く学習することが出来ます。対策の一つとして、こういったアプリも利用されてはいかがでしょうか。