『Schoo』、 「自分らしい働き方」を考えるきっかけを提供する新企画「足跡 – 先駆者たちのキャリアデザイン- 」を開講

Web業界で働くためのオンライン動画学習サービス『Schoo』を運営している株式会社Schooは、3月11日から「足跡 – 先駆者たちのキャリアデザイン- 」という無料生放送企画を開講する。

働き方が多様化する現代だからこそ、キャリアについて考える場を

現在の社会は大きな変化の只中にあり、 一昔に主流だった終身雇用制度も崩れ、同じ会社で働き続けるという働き方も徐々に少なくなりつつある。

また、同時に雇用形態も多様化し、どのように仕事・会社と向き合うかも、その人それぞれの考え方が反映されるものとなった。

『Schoo』は、このような時代の中で「キャリアデザイン」を重要視し、「 目まぐるしく動き続ける現代社会において、キャリアデザインは一度設計すればそれで終わり、というものではなくなってきている」と述べる。

『Schoo』でも1月に行われた「シリコンバレーで働くエンジニアと考えるこれからのキャリア」の授業では、年明け早々にも関わらず60分で約350件のコメント、60件を超える先生への質問が受講生により生放送中に投稿された。また、絶対的な解が存在せず、人それぞれの志向や経験などによって解が異なる「キャリア」という問題に対して、業界の先駆者たちのエピソードを追体験することによって「自分らしい働き方」を考えるきっかけを提供したいと考えているという。

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。