すららネット、「AIサポーター」正式運用を4月16日より開始 慶大との共同研究結果を反映し、生徒の学習意欲を向上

株式会社すららネット(は、新機能「AIサポーター」を4月16日より正式運用開始する。「AIサポーター」は、人工知能(AI)が生徒の学習データに基づき、生徒と対話することで学習意欲向上を促すクラウド型学習システム「すらら」の機能。今回の正式運用開始は、「AIサポーター」のトライアル版を用いて、2016年4月24日~10月23日の期間、教育経済学を専門とする慶應義塾大学 中室牧子研究室と行った共同研究の結果を受け、改良したもの。

研究では、AI機能の声掛けによる、「すらら」学習者の学習意欲向上効果と、声掛けの種別(褒める声掛け/努力を促す声掛け/雑談のみ)ごとの有効性を調査した。その結果、「努力を促す声掛け」が最も学習意欲向上に効果があることがわかった。

また、生徒1153名の「AIサポーター」との合計対話数が1日あたり2500回を超えるなど、生徒が「AIサポーター」に大きな関心を持っていたと考えられる。

この2つの結果を受け、正式運用版は「努力を促す声掛け」を中心としたシナリオへ変更することで、学習意欲向上に向けた、より適切な声掛けができるようになる予定。

加えて、声かけのバリエーションの大幅な追加、さらに、夏休みやクリスマスなど、期間限定の声かけに伴ってキャラクターのグラフィックが変わるなどの機能を追加し、「AIサポーター」への生徒の関心がより高まるようにすることで、さらなる学習意欲の向上を目指す。

生徒の学習意欲向上を目指す「AIサポーター」とは

AIが学習開始時や1ユニット終了時に生徒に声掛けし、生徒とテキストで対話する。すららネットは、先生や生徒自身ではなかなか気付かない生徒の学習行動を、AIが察知し、適切なタイミングで効果的なフィードバックをすることで、生徒のモチベーションを高めることに繋がると考えている。

AIによる学習者へのカリキュラム提示といった取り組みは行われているが、生徒の個々の学習行動や結果に応じて人工知能が声掛けや対話を行い、生徒の学習意欲の向上や学習習慣の定着を目的としてAIを用いるのは、ICT教材でも珍しいものとなっている。

※AI機能はNTTドコモが開発したチャットボッド作成・実行プラットフォームのRepl-AI(レプルエーアイ)を利用している。