RISU、保育園に落ちた「不承諾通知」を1万円分で買い取る保活ママ・パパ支援を開始

算数タブレットによる遠隔学習や、個別指導塾による学習支援サービスを提供するRISU Japan株式会社は、3月1日より「保育園に落ちた『不承諾通知』の1万円分買い取り支援」を実施する。

4歳程度から利用可能の「RISUきっず」申込みについて、RISUの学習費用に使用可能な1万円分のポイントを該当者全員に提供し、待機児童がいる家庭を支援する。

保活ママ・パパ支援の背景

  • 3月の上旬には、多くの自治体で認可保育園の二次募集の結果が発表されるが、今年の発表は事実上これが最後であり、今年も多くの待機児童が生まれることが予想される
  • 児童福祉法は、保護者の労働によって保育が提供できない場合にも、自治体に保育の提供義務があることを定めている。2013年には、自治体が法律で定められた保育提供義務に違反しているとして、保育園に落ちた家庭の母親たちが集団で異議申し立てを行ったことがニュースになった。しかし、その後も行政による保育確保が十分な水準に回復しているとはいえない。
  • 認可保育園に入れないため、私立の非認可保育園に通って高額な負担を強いられたり、キャリアを諦めることを余儀なくされている保護者が多く存在する。
  • 一民間企業としてのRISUが保育行政に対してできることは決して多くはないが、公立の認可保育園に入れなかった児童のいる家庭が自宅で教育サービスを受けやすくなるよう、RISU費用の一部をRISUが負担する。

今後もRISUは、子どもの教育と才能発揮を目指す一民間企業として、こうした社会問題への課題指摘・政策提言・パートーナー連携を積極的に行うと発表している。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。