グロービス、次世代の経営教育モデルの研究開発を推進する「グロービスAI経営教育研究所」を設立

グロービスは2017年2月、「グロービスAI経営教育研究所」(GLOBIS AI Management Education Research Institute、略称GAiMERi)を設立した。

国内最大のビジネススクールであるグロービス経営大学院、企業の人材育成や組織変革など教育現場から得られる知見と、AI(人工知能)をはじめとするデジタルテクノロジーや認知科学の発展がもたらすイノベーションを統合し、次世代の経営教育モデルの研究開発を推進する。

所長にはグロービス経営大学院教授の鈴木健一が、アドバイザリーボードには安宅和人(ヤフー株式会社 CSO)、乾健太郎(東北大学 教授)、北野宏明(株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長 所長)、松尾豊(東京大学大学院工学系研究科 特任准教授)の4名が就任する。

当初の研究テーマは大きく以下の3点を予定。

  • 学習データの収集と可視化、解析、分析評価
  • 学習コンテンツ、学習プロセス、ティーチングメソッドの最適化
  • AIによる記述式解答(レポート、エッセイなど)の自動評価・採点と、個別フィードバック

「グロービスAI経営教育研究所」の概要

【目的】
国内最大のビジネススクールであるグロービス経営大学院、企業の人材育成や組織変革など教育現場から得られる知見と、AI(人工知能)をはじめとするデジタルテクノロジーや認知科学の発展がもたらすイノベーションを統合し、次世代の経営教育モデルの研究開発を推進する。

【開設】
2017年2月

【体制】
<所長>
鈴木健一 グロービス経営大学院 教授

<アドバイザリーボード>(五十音順)

  • 安宅和人 ヤフー株式会社 CSO(チーフストラテジーオフィサー)
  • 乾健太郎 東北大学大学院情報科学研究科 教授
  • 北野宏明 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長 所長
  • 松尾豊  東京大学大学院工学系研究科 特任准教授

 

ABOUTこの記事をかいた人

教育系の研究科の大学院生です。専門は国語教育の授業開発で、魯迅の「故郷」の授業開発を研究しております。出身は北海道で、大学は京都、現在は関東に住んでいます。読書や美術館巡りが好きです。