DMM英会話、学校の先生応援プロジェクトのイベント「最新!世界の英語教育」開催

2017年2月25日(土)、オンライン英会話サービス『DMM英会話』を提供する株式会社DMM.comは、学校の先生方の英語力アップをサポートする「学校の先生応援プロジェクト」の一環として、学校の先生方を集めた第一回目のイベント「最新!世界の英語教育」を開催した。

「学校の先生応援プロジェクト」は、DMM英会話が、先生自身の英語で話す力の向上、英語の授業を通して「確かな学力」を与える力の向上を目的に開始したプロジェクト。今回は先生を集めての初のイベントとなる。

DMM英会話では、個人の利用するオンライン英会話サービスの他にも企業向けの研修や、学校向けの教材としての導入といった法人契約も行っている。

イベント当日は、DMM英会話の紹介、「学校の先生応援プロジェクト」発足のきっかけ、ゲストスピーカー嶋津幸樹氏による「最新!世界の英語教育」の講演、参加者の先生同士のディスカッションが行われた。

嶋津幸樹氏。山梨県甲斐市生まれ。日本の英語教育に疑問を抱きオーストラリアに留学。帰国後、17歳でEUGENIC海外進学塾を創設。ロンドン大学の応用言語学修士課程在籍。独学でIELTSのほぼ満点を獲得し、オックスフォード大学院・ロンドン大学院ダブル合格。ケンブリッジ英語教員資格 CELTA 取得。現在は、タクトピア株式会社にて英語教育プログラム開発を行う。世界108カ国、約1,395 名の英語教師の中からPearson ELT英語教育ティーチャー・アワード2017に選出。

ゲストスピーカーの嶋津氏からは、自身の受けた英語教育から、設立した英語塾でのエピソード、動画を使った英語教授法、海外大学留学時のエピソード、ヨーロッパの大学での英語の授業に関して、上海で行われている最新の英語教育の取り組みが語られた。

参加した先生方のディスカッション。日々の課題感や、現在の英語の授業での取り組みが共有された

最後は、参加された先生同士のディスカッションが行われた。小中高の年代や、地域もバラバラな先生が集まっていたが、各学校における取り組みや課題意識が共有された。英語教育の推進は進んでいるが、実際の教育現場ではどういったことを行っていけばよくわからないといった悩みや、そういった状況を共有する機会やきっかけがないという課題が話された。

具体的には、

  • スーパーグローバルハイスクールに指定されたもののどういった取り組みを行えばよいか手探り状態である。
  • 小学校で英語の授業を推進しようとする場合、ベテランや若手の先生の間に温度差がある
  • 小学校で英語の授業をやってみる際にどんな内容を行えばよいのか?

といった話が共有された。

イベント終了後も先生同士で情報交換を行うなど、積極的にコミュニケーションを行う姿が見られ、英語の授業に対する先生方の課題意識の高さや、情報交換を行う場を求めていることがわかるイベントだった。

今後も、DMM英会話の「学校の先生応援プロジェクト」では先生の英語力や授業で教える力の向上を目的とした取り組みを行っていくという。

DMM、留学エージェント事業『DMM留学』を開始

2017.02.15

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください