ボカロで覚える参考書の続編が発売!シリーズ累計50万部突破の大ヒットに

学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研プラスは、初音ミクなどのボーカロイド曲で勉強ができる参考書『ボカロで覚える 中学英単語』『ボカロで覚える 中学数学』を発売した。

このたび学研プラスが発売するのは、中学生向け学習参考書『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える 中学英単語』『MUSIC STUDY PROJECTボカロで覚える 中学数学』の2冊。

昨年4月に「中学歴史」「中学理科」が発売され、話題となった。今回も、超豪華ボカロP陣総勢17名とのコラボが実現。すべての収録楽曲にPV風のオリジナル動画が用意されており、インターネット経由で視聴が出来る。

発売に先駆け、全20曲の試聴動画が2月10日にYouTubeとニコニコ動画に公開されている。

すぐにツイッターやSNS等で広まり、YouTubeでは現在20万回以上の再生数に。「待ってた!」「ボカロPが豪華…!」などのコメントが集まっている。

「ボカロで覚える中学英単語」は、歌の歌詞と連動した英単語帳になっており、関連語句などもあわせて1300もの英単語・熟語を学習出来る。

人気ボカロ曲「ハッピーシンセサイザ」「ロストワンの号哭」の英語カバーも収録。収録曲のうち、「Happy Synthesizer(ハッピーシンセサイザ English ver.)」のフルバージョンを、2月10日よりYouTubeとニコニコ動画に公開中。

「ボカロで覚える中学数学」は、数学の公式暗記、立体の展開図、作図の手順など、つまずきやすい中学数学3年分の最重要ポイントを、動画とともにわかりやすく解説。収録曲のうち、方程式をテーマにした曲「一発即答☆解ガール」を2月10日よりYouTubeとニコニコ動画に公開中。

また、発売直前の2月20日、「ボカロで覚える中学数学」に収録の「色恋沙汰は全て作図で解決可能であることの証明」のフルバージョンをYouTubeとニコニコ動画に公開。数学の作図の手順を分かりやすく学びつつ、笑って泣けるストーリーになっている。

書籍は発売前に、Amazon.co.jp の書籍総合ランキング「中学生の英語」「中学生の数学」カテゴリでそれぞれ1位を独占(2017年2月20日調べ)。

苦手とする子も多い、英単語と数学で、恋愛や戦いなど、ボカロでもおなじみのテーマと学習内容を絡め、勉強に役立ちつつもエンタメ要素を盛り込んだ楽しい内容になっている。

少しでも多くの中学生に苦手意識をなくしてもらいたいという思いを込め、クリエイターと参考書編集部が力を合わせ制作された。以下は、昨年4月に出版された「中学歴史」「中学理科」の参考書。