子供向けロボットプログラミング学習キットまとめ7選!プレゼントにも最適!?

この記事では、子供がロボットプログラミングをする際に、利用出来るキットを紹介しています。

子供向けのプログラミング教育(STEM教育)は、小学校での必修化の方針が決まっていることもあり、注目度は年々高まっています。アプリやWeb サービス、スクール形式など、学習手段も多様になっています。

この記事では、自宅でプログラミング学習が出来るキット(商品・プロダクト)をまとめています。

STEAM教育とは何か?プログラミングや理数系分野の教育が注目されている背景は?

2017.02.09

レゴマインドストームEV3

KOOV(クーブ)は、ソニーグローバルエデュケーションが発売している、創造力育成のためのロボットプログラミング学習キットです。ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて遊ぶことが出来ます。

ソニー・グローバルエデュケーション、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV™(クーブ)」を発売

2017.02.01

little Bits(リトルビッツ)電子工作 組み立てキット

littleBits(リトルビッツ)は、磁石で電子回路をつないで電子工作を行うことを通して、電子回路を楽しく学べるライブラリーのことです。
ハンダ付けや配線、専門知識を要するプログラミングをすることなく、基板同士をつなげるだけで電子工作を行え、電子回路を学ぶことが出来ます。
手軽に電子工作を楽しめることから、子供向け(初級者向け)に行われるプログラミング学習のワークショップなどでも用いられることが多いです。

Cubetto(キュベット)

 Cubetto(キュベット) は、プログラミングの基礎が学べる知育玩具です。
画面(スクリーン)を使わないため子供の視力の有無に関係なく遊ぶことが出来ます。触覚、音を組み合わせて遊ぶため、どんな子供でも論理的な順序づけや、コミュニケーションに必要なスキルを高めることが可能。

読み書きが出来る前の子供でも遊べ、コーディングの基礎を学べる製品として、高い注目をあつめています。

2016年Kickstarter(キックスターター)にて、EdTech領域ではクラウドファンディング市場最高額となる160万ドルを90カ国以上から集めました。Facebook創業者マーク・ザッカーバーグの姉、ランディザッカーバーグなど多くの著名人もCubetto(キュベット)の開発を支援しています。

Ozobot(オゾボット)

Ozobot(オゾボット)は専門知識が不要で、色と線を識別し、紙やスマートフォン、タブレット上に描かれた線に沿って動く小さなロボットです。

紙の上に線を引き、Ozobot(オゾボット)にたどらせて縦横無尽に自在に動かすことが出来ます。そこから子どもたちは「プログラムとは何か」を体験し、プログラミング的思考力を身につけることが出来ます。

Raspberry Pi 3(ラズベリーパイ)