日本地図(都道府県・県庁所在地)が勉強・暗記出来るおすすめアプリ7選

社会の日本地理分野では、都道府県と県庁所在地の暗記が重要です。ただこの暗記、1度覚えても少し経つと忘れてしまったり、そもそも覚えるのが大変だったりしますよね。特に自分にゆかりのない都道府県や、県庁所在地になると、印象にも残りづらく、暗記しづらく、記憶も長続きしないことが多いです。

この記事では、

「地理を楽しく学べたらいいな」

「日本地図が気軽に学べるアプリがないかな」

「都道府県の位置や県庁所在地をしっかり記憶したい」

と感じている方に向けて、役に立つアプリを紹介しています。毎日アプリで少しずつ学習することによって、日本地理や47都道府県、県庁所在地についての記憶の定着が期待されるアプリです。

1. 47都道府県の位置と県庁所在地が自然と覚えられる

「47都道府県の位置と県庁所在地が自然と覚えられる」はその名の通り、都道府県の位置や県庁所在地を覚えるためのクイズ形式のアプリです。

「47都道府県の位置と県庁所在地が自然と覚えられる」の特徴

  • 何度も繰り返し反復することで楽しみながら自然と各都道府県の位置や形などが覚えられるようになっています。
  • アプリ内で都道府県の位置や県庁所在地を覚えるためのコツ(tips)が紹介されています。
  • 息抜きとして様々なご当地ならではの名所情報や観光情報などが取り入れられています。

小学校低学年〜高学年を対象にした無料のアプリです。

2. 遊んで学べる日本地図パズル

「遊んで学べる日本地図パズル」は、ジグソーパズル感覚で都道府県の位置や名前を覚えることができる教育系パズルゲームです。

「遊んで学べる日本地図パズル」の特徴

  • パズルを完成させるまでにかかったタイムを縮めようと何度も遊んだり、ワールドランキングに登録して他者とタイムを競ったりしているうちに都道府県の名前と位置を覚えることが出来るアプリです。
  • 県名表記と境界線があるトレーニング、県名表記があるベーシック、ヒントが無いエキスパート、といった様々なモードから自分にあったものを選べます。徐々に難易度を上げられるので、より記憶の定着に結びつきやすくなっています。

 

3. 日本を仕分けーる

「日本を仕分けーる」は47都道府県パネルを、正しい地方に仕分けるカジュアルゲームです。

「日本を仕分けーる」の特徴

  • フリック&ドラッグの簡単操作で遊べます。
  • たくさん仕分ければ仕分けるほどパネルがパワーアップしていくので、やり込み要素もあります。
  • 難易度は3種類あるので、自分に合ったレベルから始められます。

4. 地図バーガー

「地図バーガー」は日本の白地図を楽しく覚えるためのゲームアプリです。

「地図バーガー」の特徴

  • ジョン店長の特製ハンバーガーは、チーズが何故か都道府県の形をしており、それが何県かクイズに回答します。
  • 地図クイズに正解すると、さらに次のクイズに挑戦することができます。

アプリは無料で利用出来る(広告表示有)広告非表示を希望の場合、有料版を購入することで広告非表示のアプリを利用出来る。

ここからは番外編として、日本地図に関連したアプリを紹介します。

5. あそんでまなべる旧国名パズル

「あそんでまなべる旧国名パズル」はジグソーパズル感覚で日本の旧国名を覚えることができるゲームです。

「あそんでまなべる旧国名パズル」の特徴

  • 「遊んで学べる日本地図パズル」の旧国名バージョンです。
  • 奈良時代から明治初期までの日本の地理区分を、遊びながら覚えることができます。
  • 旧国名が全くわからなくても、アシスト機能があるので、徐々にステップしながら楽しく遊ぶことができます。

日本史を学習している方や、歴史(幕末)などに興味のある方は面白く遊べるアプリなのではないでしょうか。クリアタイムに応じて家紋のパネルが獲得出来るなどやりこみ要素もあり、旧国名に関心のある方にはおすすめの学習アプリです。

6. ゆるぶら日本一周

「ゆるぶら日本一周」は歴史を感じて、楽しくダイエット&健康生活を応援する歩数計アプリです。

「ゆるぶら日本一周」の特徴

  • 日本地図を作った男、伊能忠敬の偉業を体感(毎日の歩数を伊能忠敬と比較!伊能忠敬のすごさを実感できます)することができる一風変わった歩数計アプリです。
  • 毎日の累積歩数を元に地図が徐々に完成していきます。

地図を学習するというよりも歩数計としての役割が中心のアプリですが、自身の身体をもって日本地図を感じることの出来るアプリといえるかもしれません。

7. 小学生で勉強する地図記号

「小学生で勉強する地図記号」は楽しみながら「地図記号」を覚えられるアプリです。

「小学生で勉強する地図記号」の特徴

  • 間違いやすいポイント(似ている記号で間違いやすいもの)は解説付き。
  • 地図記号は社会の授業に出る事も多いので、授業の予習復習にも適しています

以上、「日本地図(都道府県・県庁所在地)が勉強・暗記出来るおすすめアプリ7選」でした。小学生のうちに暗記できておくと、そのあとの科目・学習にも紐付いてよいかもしれません。

もちろん自信のない大人の方にもおすすめのアプリです。単純に暗記しようとするよりも、紹介したようなクイズ形式のアプリで繰り返し学習を行ったほうが早く暗記出来るしょう。