玩具・おもちゃ関連の国内市場は約8,000億円!知育市場は約1,680億円

この記事は、日本国内の玩具市場についてまとめています。一般社団法人の日本玩具協会が発表しているデータをもとにまとめています。一般社団法人日本玩具協会は、玩具市場を以下のように分類しています。

  1. ゲーム(テレビゲーム関連を除く)
  2. カードゲーム、トレーディングカードゲーム
  3. ジグソーパズル
  4. ハイテク系トレンドトイ
  5. 男児キャラクター
  6. 男児玩具
  7. 女児玩具
  8. ぬいぐるみ
  9. 知育・教育(ベビーカー・チャイルドシート・三輪車などの乗用関連を除く)
  10. 季節商品
  11. 雑貨
  12. ホビー
  13. その他

玩具市場規模の概要

2015年度の国内における玩具市場規模は上代価格(希望小売価格)ベースで前年度比99.0%の8,003億円。前年の2014年度は過去10年で最高の売り上げを記録していたが、2015年度も同水準。

玩具の中核を占める10分野(上記の1−10)では、2015年度の市場規模は前年度比102.2%の5,015億円で、同じく過去10年で最高だった2014年度を上回りました。

玩具の周辺市場には、このほかにもテレビゲームをはじめ、様々なキッズやエンターテインメントの市場があり、少子化の中でも玩具関連市場と玩具業界の可能性は大きなものがあります。

※主要10分野とは、①ゲーム(テレビゲーム関連を除く)、②カードゲーム、トレーディングカードゲーム、③ジグソーパズル、④ハイテク系トレンドトイ、⑤男児キャラクター、⑥男児玩具、⑦女児玩具、⑧ぬいぐるみ、⑨知育・教育(ベビーカー・チャイルドシート・三輪車などの乗用関連を除く)、⑩季節商品、です。

玩具・おもちゃ・知育関連市場

分類※単位:百万円 2014年度 2015年度 前年比
1 ゲーム(テレビゲーム関連を除く) 14,600 15,137 103.7%
2 カードゲーム、トレーディングカードゲーム 87,139 96,268 110.5%
3 ジグソーパズル 12,301 11,439 93.0%
4 ハイテク系トレンドトイ 4,509 5,942 131.8%
5 男児キャラクター 89,532 71,103 79.4%
6 男児玩具 45,081 52,601 116.7%
7 女児玩具 52,423 54,496 104.0%
8 ぬいぐるみ 22,339 19,236 86.1%
9 知育・教育(ベビーカー/三輪車などの乗用関連を除く) 157,600 168,799 107.1%
10 季節商品 55,063 54,073 98.2%
11 雑貨 119,122 102,440 86.0%
12 ホビー 137,697 137,436 99.8%
13 その他 11,301 11,360 100.5%

一般社団法人日本玩具協会が発表している国内の玩具・おもちゃの市場規模は上記の通りです。玩具市場は、一つのヒット商品が大きく市場に影響を与えてしまうので、変動が比較的大きいです。「妖怪ウォッチ」のブームによって、2014年度の男児キャラクターの市場は好調でしたが、2015年度は大きく減少しています。

上記の玩具関連市場の中では、知育関連商品の規模が最も大きく、これはeラーニングの市場とほぼ同水準の大きさです。

eラーニング(イーラーニング)の市場規模は、約1,596億円!今後の予測は?

2017.02.12

語学(英語)ビジネスの市場規模は約8,200億円!堅調な推移が続く

2017.02.14

教育業界の市場規模は約2.5兆円!各分野の市場規模と今後の予測は?

2017.02.12

 

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください