海外トップ大進学塾「Route H」、ハーバード大生・院生と日本の高校生との交流会を開催

株式会社ベネッセコーポレーションが運営する、海外トップ大進学希望者向け進学塾「Route H」は、3月15日、ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)生40名と、3月16日、ハーバード大学学部生11名と、日本の高校生40名との交流会を開催する。

いずれも、来日プログラムの中で日本の高校生とのコミュニケーションの場を持ちたいという大学生、大学院生の思いと、グローバルな活躍を志す高校生のモチベーションアップの支援をしたいベネッセの思いが一致したことにより、実現した。

過去の参加者からの好評を受けて、学部生との交流会は今年度で11回目、ケネディスクール生との交流会は2011年度から6回目の開催となります。3月14日まで、高校1・2年生の参加者を募集中。

ハーバード大学部生の来日は、HCAP(Harvard College in Asia Program:アジアにおけるハーバード大プログラム)という、アジア各国との相互理解を促進することを目的として2003年に設立された、ハーバード大学に本部を置く学生主体の団体の主催によるもの。

毎年、アジアの大学から5校が選考され(日本からは東京大学が定例参加)、将来、世界のリーダーとなる学生達をつないで、未来に向けたパートナーシップを築くことを目的としている。

一方、ハーバード大ケネディスクール生の来日(Japan Trip)は、同スクール日本会の企画によるもの。将来、それぞれの国を背負って立つ学生たちに、東日本大震災の被災地を直に見てもらう機会への支援を行い、日本についてより深く様々な角度から理解をしてもらうために、2011年度、初めて実施した。

今回の交流会プログラムでは、参加する日本の高校生が、海外トップ大進学を視野に入れていることも踏まえ、ハーバード大生から「ハーバード大を志した理由、現在、そして卒業後の夢」が語られる。それを踏まえて、高校生とハーバード大生が海外トップ大で学ぶ意義等を対話する形式となる。

高校生募集要項

  • 募集定員:高校1年生・2年生、計40名程度
  • 応募資格:応募時に、高校1年生または2年生であり、海外トップ大進学志望(または検討しており)、かつ、TOEFL60点以上またはそれに相当する英語力があること
  • 募集期間:2月20日(月)~3月14日(火)
  • 応募方法:申込みは、Route Hのフリーダイヤル0120-584-880(13:00~20:00)に。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください