エデュケーション・ニュージーランド、東京都教育委員会と「教育に関する覚書」を締結

エデュケーション・ニュージーランドは、2017年2月16日(木)に、東京都教育委員会との間で、世界で活躍できる人材の育成に向け、文化的および教育的な国際交流を始めとした様々な取り組みをさらに推進していくことを目的に、教育に関する覚書を締結した。

※エデュケーション・ニュージーランドとは?

エデュケーション・ニュージーランド(ENZ)は、ニュージーランド留学のプロモーションを担当する政府機関。ニュージーランドの教育機関を支援しながら、留学先としてのニュージーランドの認知度を高め、ニュージーランドの教育情報を世界に発信しプロモーションすることを目的としている。

当日行われた締結式では、駐日ニュージーランド大使 スティーブン・ペイトンが立会いのもと、エデュケーション・ニュージーランド本部のあるニュージーランド・ウェリントンで署名された覚書に、東京都教育委員会 中井 敬三教育長が調印した。

エデュケーション・ニュージーランドと東京都教育委員会は、これまでも生徒や教員の派遣事業、JETの受け入れなどを通じて友好関係を築いてきたが、今後は、覚書に基づき、学校間・教員間・生徒間の交流などをより一層深め、協力関係を更に発展させる。

駐日ニュージーランド大使 スティーブン・ペイトン のコメント

「東京都教育委員会とエデュケーション・ニュージーランドとの間で、教育に関する包括的な覚書を締結することができ、大変うれしく思っています。ニュージーランドには親日家も多く、両国間で提携されている姉妹都市の数は40を超えます。

またニュージーランド政府は、「留学生の生活保障に関する服務規定」を設けており、留学生が安心して学業に励み生活できるよう、政府が中心となって留学生の受け入れ体制を整えています。これからは、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツや教育を通じて、両国間の交流が益々盛んに行われることを期待しています」

東京都教育委員会 中井 敬三 教育長のコメント

「東京都教育委員会では、世界で活躍できる人材の育成のため、国際交流に力を入れています。これからの社会で力強く生きるためには、グローバル社会に適応する力が必要です。

そのためには、豊かな国際感覚やコミュニケーション能力を身に付けることが非常に重要であり、普段の教室の授業だけでなく、実際に海外の方々と直接触れ合い、コミュニケーションをとることが必要だと考えています。今回のエデュケーション・ニュージーランドとの覚書締結により、両国間の交流が更に深い充実したものになることを期待しています」

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。