学習塾・予備校の営業利益・利益率ランキング!収益性の高い企業の特徴は?

この記事では、学習塾・予備校業界の営業利益、営業利益率についてまとめています。

学習塾、予備校を運営している企業の中で、株式を上場しており、営業利益や営業利益率を公開している企業のデータをもとにまとめています。(2017年2月時点のデータです)

学習塾・予備校業界の営業利益ランキング

企業名 売上高(直近) 営業利益(直近) 営業利益率
1 ナガセ  457.42億  65.14億 14.2%
2 ステップ  101.76億  24.51億 24.1%
3 東京個別指導学院  170.94億  22.17億 13.0%
4 明光ネットワークジャパン  186.72億  21.75億 11.6%
5 リソー教育  196.43億  18.90億 9.6%
6 学究社  97.11億  14.09億 14.5%
7 ウィザス  136.79億  11.40億 8.3%
8 早稲田アカデミー  201.90億  10.18億 5.0%
9 市進ホールディングス  163.21億  6.49億 4.0%
10 京進  118.64億  4.02億 3.4%
11 成学社  106.76億  4.01億 3.8%
12 クリップコーポレーション  36.10億  3.47億 9.6%
13 城南進学研究社  66.93億  3.23億 4.8%
14  35.15億  3.07億 8.7%
15 秀英予備校  111.49億  2.67億 2.4%
16 進学会  54.33億  2.55億 4.7%

学習塾・予備校を運営している企業の中で、もっとも営業利益が高いのは、東進ゼミナールなどを運営するナガセで、65.14億円でした。TVCMで有名になった講師陣や、フランチャイズによる規模の拡大などが上手くいっています。ナガセのフランチャイズ展開については、以下の本でも触れられており、非常に面白いです。

営業利益が上位にあるのは、売上規模が大きい会社か営業利益率を10%以上に展開している企業といっていいでしょう。

学習塾・予備校業界の営業利益率ランキング

企業名 売上高(直近) 営業利益(直近) 営業利益率
1 ステップ  101.76億  24.51億 24.1%
2 学究社  97.11億  14.09億 14.5%
3 ナガセ  457.42億  65.14億 14.2%
4 東京個別指導学院  170.94億  22.17億 13.0%
5 明光ネットワークジャパン  186.72億  21.75億 11.6%
6 リソー教育  196.43億  18.90億 9.6%
7 クリップコーポレーション  36.10億  3.47億 9.6%
8  35.15億  3.07億 8.7%
9 ウィザス  136.79億  11.40億 8.3%
10 早稲田アカデミー  201.90億  10.18億 5.0%
11 城南進学研究社  66.93億  3.23億 4.8%
12 進学会  54.33億  2.55億 4.7%
13 市進ホールディングス  163.21億  6.49億 4.0%
14 成学社  106.76億  4.01億 3.8%
15 京進  118.64億  4.02億 3.4%
16 秀英予備校  111.49億  2.67億 2.4%

大きな変化はありませんが、学習塾・予備校を運営する企業の業績を、営業利益率順に並び替えると上記のようになります。上位のステップ、学究社は特定の地域(神奈川・東京)で難関校への高い合格実績を誇っている優良企業です。

地域に根ざし、全国ブランドではないため、該当地域以外の知名度は高くありませんが、出店を行っている地域でのシェア(在籍生徒の難関校への合格実績数)が非常に高いのが特徴です。

他の利益率の高い企業は積極的にフランチャイズ展開を行い、全国ブランドになっている企業が多いです。特に個別指導塾という形態をとっているところが多いです。

学習塾・予備校業界では近年、買収(M&A)や提携が頻繁に行われており、今後も生き残りを掛けて大型の買収や再編が進むのではないかと予想されています。

学習塾・予備校業界の売上高ランキングまとめ【2017年2月】

2017.02.13

教育業界の企業の営業利益、営業利益率ランキングまとめ【2017年2月版】

2017.02.12