eラーニングのメリット、デメリットは?EdTech(エドテック)とは何が違う?

この記事では、eラーニング(イーラ−ニング)のメリットやデメリット、市場規模、EdTech(エドテック)とは何が違うのかといった内容をまとめています。

そもそもeラーニング(イーラーニング)とは何か?

eラーニングとは、一般的にインターネットなどの情報技術を利用した学習やデジタルメディアを活用した学習のことを指します。eとはelectronicの略で、殆どの場合、eラーニング(イーラーニング)と表記されます。PCや携帯端末を用いた学習を指すことが多く、近年ではインターネットに繋がり、他者とコミュニケーションが出来るようなものをイメージすることが多いでしょう。

eラーニングには、学習する側と教える側の存在が必要です。学習する側は利用されたことも多いのでイメージしやすいでしょう。一方で、システムを活用し、コンテンツや学習状況の管理・分析を行う教える側(管理者)の存在も重要です。教える側(管理者)は学習者が学習する内容を管理したり、教材を配信したりといったことが可能になのもeラーニングの特徴です。

教える側が学習者を管理したり、内容をコントロールする仕組みをLMS(ラーニングマネジメントシステム)と呼びます。企業や学校法人などにeラーニングの仕組みが導入される際には、このLMS(ラーニングマネジメントシステム)がどの程度、要望に沿ったものになっているかということが重要になります。

こういったeラーニングのサービスは、教育機関や企業の従業員教育で利用されています。特に全国やグローバル規模で展開している企業では一斉に研修を行うことなどが難しく、eラーニングにより従業員教育を効率よく有効に行おうという企業が多いです。

eラーニング(イーラーニング)のメリット・デメリットは?

eラーニングのメリット・デメリットは、それが学習者のものなのか、教える側(管理者)のものなのかを考える必要があります。

まずeラーニングの学習者にとってのメリットは、

  • 場所を選ばず、どこでも(職場や自宅などで)学習できる
  • 時間を選ばず、いつでも、自分のペースで学習できる
  • 即時にフィードバックをもらうことが出来る
  • 学習方法が自動で選択され、効果的な学習が行える(場合がある)
  • 音声や動画などによって理解がしやすい(場合がある)

といったものがあげられ、いつでもどこでも学習でき、自己改善してどんどん勉強出来るといったことがあげられます。

教える側(管理者)のメリットは、

  • 学習者の進捗管理をリアルタイムで把握出来る
  • データの集計などが迅速に一括で行える
  • 教材の改変や修正が一括で迅速に行える
  • 導入以降の時間などのコストを削減出来る

といったものがあげられます。紙ベースの教材では出来ない、即時性や集計の効率の向上、コストの削減が行えることがメリットといえるでしょう。

それではeラーニング(イーラーニング)のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

学習者にとってのデメリットは、

  • モチベーションの維持が難しい
  • スポーツ、調理などの実技が伴う学習では、効果的に習得しにくい
  • 一般的に、リアルタイムに指導者との交流が取れない

などが挙げられます。いつでもどこでも出来るというメリットは、いつでもどこでもやらないということでもあります。強制力が働きづらく学習が継続しづらいというのはよく言われることです。

教える側(管理者)のデメリットは、

  • 学習教材を制作する手間やコストがかかるほか、作成技術・リテラシーが必要
  • LMS(ラーニングマネジメントシステム)が必要になり、導入コスト、活用のリテラシーが必要

が挙げられます。利用者のリテラシーが必要になり、そのためのコストが発生するのがデメリットといえるでしょう。

eラーニングとEdTech(エドテック)の違いは?

EdTech(education × technology)と呼ばれる言葉が2010年以降話題になりました。eラーニングと何が違うのかといった話もありますが、明確な定義はありません。

EdTechと呼ばれるムーブメントは、スマホやタブレットなどのデバイスの進化、アプリの進化、ネットワークスピード(ブロードバンドの普及※世界的に)といった流れが加速し、テクノロジーを活用することで、より低コストで良質な教育サービスが提供出来るようになったことから注目されています(MOOCやプログラミング教育などなど)

初期のeラーニングでは、システムの開発に多額の費用がかかりました。ただ現在では、Web サービスやクラウド技術の進化などによりそういったコストは下がっています。またコンテンツを配信するにしてもYouTubeなどのプラットフォームが登場し、ネットにさえつながれば学習サービスを提供出来る素地が整ったことも大きな変化といえるでしょう。そういった変化が大きくなったことからEdTechという新たな言葉が用いられるようになったといえるでしょう。

コンテンツの作成やその配信に関わるコストは下がり、システムの導入も比較的容易に行えるようになっています。大きな課題は学習が継続しづらいというモチベーションに起因するものでしょう。コンテンツや学習、学習履歴の管理は、コンピューターや機械が行い、個々人のモチベーションを人間が管理するようになっていく(教師というよりコーチの役割に変化する)という主張も多いです。

「スタディサプリ 合格特訓プラン」が3月リリース!月額9800円で講師陣監修による学習プランと、現役大学生によるコーチングがセットに

2017.02.15

破壊的イノベーションは教育分野でも起きるのか?「教育×破壊的イノベーション」

2013.03.11

eラーニングの市場規模は?

日本でのeラーニングの市場規模は1,500億円程度と言われています。急激な成長ではありませんが、徐々に市場としては大きくなっています。今後も、個人向け、法人向けにも堅実に成長していくと予想されています。

eラーニング(イーラーニング)の市場規模は、約1,596億円!今後の予測は?

2017.02.12