三井住友カード、小学生がお金の仕組みについて学べる金融教育アプリ『ハロまね~親子で学ぶ、こどものお金管理~』をリリース

三井住友カード株式会社は、2017年2月15日(水)、CSR活動の一環として、小学生向けの金融教育アプリ「ハロまね~親子で学ぶ、こどものお金管理~」をリリースした。

小学生がお金の仕組みについて学べる金融教育アプリ「ハロまね~親子で学ぶ、こどものお金管理~」とは

「ハロまね」は小学校中学年から高学年をメインターゲットとした金融教育アプリで、「お小遣い帳機能」、「銀行機能」、「お手伝い機能」という3つの機能を持ち、親と一緒にお金の管理、仕組について学習出来る。日本においてお金の使い方に関する十分な教育環境がないという背景を受け、子供の頃から親と一緒にお金に触れ、お金について考えてもらうことで、将来必要となるお金の収支管理を早期に身に付けることを目的としている

「ハロまね」では、全国の小・中学校等で幅広くマネー教育を行っている株式会社イー・カンパニーが運営する『キッズ・マネー・ステーション』の協力のもと、外貨預金や金利の設定など、より高度にお金の勉強ができる機能を追加するとともに、子供だけでなく、親子がコミュニケーションを取りながら一緒に楽しく学べる要素を盛り込んでいる。

ハロまね3つの特徴・機能

  1. 「お小遣い帳機能」:もらったお金と使ったお金を管理し、計画的なお金の使い方を学べる
  2. 「銀行機能」:預けたお金に金利が付いたり、外国のお金に替えることで、お金の仕組みがわかる
  3. 「お手伝い機能」:普段のお手伝いを通じて、お子様のやる気を引き出したり、楽しみながらお金を手に入れることを学べる