語学(英語)ビジネスの市場規模は約8,200億円!堅調な推移が続く

矢野経済研究所は、国内における外国語学習に関わるビジネスの調査を実施し、結果を公表している。語学ビジネスとして、主要14分野を対象とし調査を行っている。2015年度の語学ビジネス市場規模は、8,272億円で今後も堅調な推移が予測されている。

14分野は以下の通り。

  1. 成人向け外国語教室市場
  2. 幼児・子供向け外国語市場
  3. プリスクール市場
  4. 幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場
  5. 書籍教材市場
  6. 語学独習用機器・ソフト
  7. 電子辞書市場
  8. 幼児向け英会話教材市場
  9. 通信教育市場
  10. e-learning市場
  11. ソフトウェア市場
  12. 語学試験市場
  13. 留学斡旋市場
  14. 翻訳・通訳ビジネス市場

 

語学ビジネスの市場規模は8,272億円で前年度比101.7%

2015年度の語学ビジネス市場規模は、8,272億円だった。

幼児・子供向けサービス領域(幼児・子供向け外国語教室、プリスクール、幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場)が好調に推移し、翻訳・通訳ビジネス市場や語学試験市場などの周辺市場も好調に推移した。

レアジョブ、子ども専門オンライン英会話の「リップル・キッズパーク」をグループ化

2016.12.13

語学試験市場においては実用英語技能検定(英検)とTOEICの受験者が増加し、留学斡旋市場ではグローバル人材育成のために教育機関や自治体が留学をサポートする動きが活発化し、好調に推移した。

2016年度の語学ビジネス総市場規模は前年度比101.6%の8,406億円を予測

2016年度の語学ビジネスの市場規模は、前年度比101.6%の8,406億円が予測されている。
今後も小学校の英語必修化に伴い、幼児・子供向けサービス(幼児・子供向け外国語教室、プリスクール、幼稚園・保育園向け英語講師派遣、幼児向け英会話教材市場)を中心に語学ビジネスの市場規模は堅調な推移をすると予測されている。

語学ビジネスの各市場規模

 語学ビジネス関連市場 2015年度(単位:億円)
成人向け外国語教室市場 2,090
幼児・子供向け外国語市場 1,010
プリスクール市場 340
幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場 35
書籍教材市場 386
語学独習用機器・ソフト 201
電子辞書市場 532
幼児向け英会話教材市場 290
通信教育市場 220
e-learning市場 80
ソフトウェア市場 27
語学試験市場 240
留学斡旋市場 210
翻訳・通訳ビジネス市場 2611

より詳細の内容、市場の定義、各社の状況は矢野経済研究所のホームページ、調査データを参照下さい。

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください