レアジョブ、英語の価値を見つけるプロジェクト「WHY ENGLISH」スタート

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、英語の価値を見つけるプロジェクト「WHY ENGLISH」を発足する。

「WHY ENGLISH」は、“英語を話せるようになること”を自分事化できていない方たちに、既に英語学習に励まれている方々のストーリーを通して、自分にとっての英語の価値を見つけてもらうためのプロジェクト。

人生の中で「英語を勉強してみようかな」「英語が話せるようになったらいい影響があるはずだ」と思ったことがある人は多いのではないだろうか。

一方、英語を話せるようになるためには3,000時間の学習が必要とも言われ、自分のライフスタイルを変えて学習時間を捻出したり、継続する意志が重要となる。

しかし、「どれくらいの時間や労力を割けばいいのか」、「英語を話せるようになったその先のビジョン」など、最初の一歩を踏み出すための判断材料になりうる情報は、世の中にまだ多くない。また、“英語を話すこと”の価値は一人一人異なる。

レアジョブは約10年間、多くの方々へ「英語を話せるようになるための手段」として、オンライン英会話サービスを提供し、英語を話せるようになって、人生の可能性を広げることができたというユーザーが多く存在する。

「WHY ENGLISH」では、そのような英語に価値を見出している方々の、英語にまつわるストーリーを発信していくことで、自分に近いロールモデルや情報を発見し、一人一人にとっての英語を話すことの価値を見つけるサポートを行う。

「WHY ENGLISH」概要・取組みの内容について

“英語を話すこと”に価値を見出している人たちのストーリーを通して、一人一人にとっての価値を見つけるための情報を発信していくプロジェクト。英語を学んでいる個人の方、社員の方々の英語力向上を目指している企業、生徒の英語教育に取り組む学校と、三者の英語にまつわるストーリーを紹介する。

まずは、より多くの方にストーリーを目にしていただくため、WEBサイトでの情報発信を行い、今後はイベントや冊子など、様々な形で発信を行う予定。