Ecom語学ネット学校が 「大阪市塾代助成事業」に参画認定。オンライン語学スクールでは初めて

Ecomブランドで、英会話、中国語、フランス語など20か国語のオンライン語学レッスンサービスを提供する株式会社イーコミュニケーションは、大阪市が中学生の塾代を月額1万円まで補助する「大阪市塾代助成事業」に、オンライン英会話などを行う語学学校として、初めて参画が認められた。

Ecomは、ネイティブ・バイリンガル講師によるオンライン語学レッスンを提供するサービス。

今回の参画の認可により、大阪市塾代助成の対象となる中学生は、Ecomの月額プラン9,900円(マンツーマンレッスンを月3回)が無料で受けられ、英語をはじめ、希望する主要20か国語を自宅から手軽に学べるようになる。

Ecomのオンライン語学レッスンについて

プロのネイティブ講師と1対1で、オンラインレッスンが受けられるサービス(英語を中心に20か国語)。
近くに英会話教室などの語学学校がない地域でも、自宅に居ながら、パソコンやスマホなどを使い、質の高いレッスンが受けることができます。
料金:月9,900円~。

Ecom代表者 成田 勝行氏のコメント

「当校では、オンラインの英検対策クラスを中心に、小中学生の受講生が年々増えてきました。

ただ、受講利用者の平均利用単価が、月1.6万円ほどのため、いくつもの習い事を掛け持ちし始める中学生の保護者様にとっては、少し費用がかさむ形でした。

今回、こうした大阪市塾代助成の採択を受けて、大阪市限定ではありますが、保護者様の負担軽減につながり、未来あるお子様へ良質なサービスを提供していけることを大変うれしく思っています。

今後、他の自治体でも同様の事業があり、お声がけ頂ければ、同じように参画していきたいと思っています」

大阪市塾代助成事業について

「大阪市塾代助成事業」は、大阪市が子育て世帯の経済的負担を軽減するため、中学生を対象に学習塾等の学校外教育にかかる費用を助成する制度。

子どもたちの学力や学習意欲、個性や才能を伸ばす機会を提供できるよう、学習・文化・スポーツに関する指導・教育を行う事業者で月額1万円まで利用できる塾代助成カードを交付している。

アオイゼミ、オンライン学習塾として初めて「大阪市塾代助成事業」へ参画

2016.09.20

 

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。
EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。