ヒューマンリソシア、外国人ITエンジニアの就業をサポートする「日本語力育成プログラム」を導入

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社は、「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を拡大するため、2017年2月より、「日本語力育成プログラム」を導入する。

高い技術力を持つ外国人エンジニアの日本語力を強化し、国内での就業をサポートすることで、外国人材の採用規模を拡大、2019年3月末までに500名のエンジニアを雇用し、国内企業に派遣することを目指す。

ITエンジニア不足とヒューマンリソシアの取り組み

「第4次産業革命」による日本経済活性化に向けた新しいビジネスモデルの確立および、生産性向上による労働力不足解決への取り組みが注目されている。しかし、IT関連産業での労働人口は2019年度を境に減少にむかい、特にAI、IoT、ビッグデータ等、先端IT分野の人材は、2020年までには4.8万人が不足する(※)と予測されています。
※平成28年6月10日 経済産業省 商務情報政策局情報処理振興課「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」より

このような中、ヒューマンリソシアでは、先端分野での学習・研究・実務経験があるITエンジニアを世界各国より招致、自社にて常用雇用し企業に派遣する「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を2016年7月より開始した。

日本語研修に加え、自社内でのOJTにて日本企業の文化を学ぶ

「日本語力育成プログラム」詳細

日本語力育成プログラムは、就業前に日本語レベルを引き上げ、受け入れ企業が抱く日本語によるコミュニケーション不安を軽減させるとともに、外国人ITエンジニアの新しい職場環境への定着を促進させることを目的としている。

「高い技術力」があり、「日本・日本語に対する強い関心と興味」があるエンジニアが、ビジネスシーンにて、「技術者同士での円滑なコミュニケーション」が取れるようになることを目指す。

育成は、約30年にわたる日本語教育の実績を持つ「ヒューマンアカデミー日本語学校」が担当。年間2,000名以上の留学生が通い、日本語教育にてトップクラスの実績を持つノウハウを生かし、短期間で育成する。まずは、2月より5週間のプログラムを開催し、今後6か月コース、1年コースも順次開始する。

プログラムの特徴

  • IT技術者に特化し、ビジネスシーンを想定した独自のカリキュラム
  • 「聞く」「話す」を中心とした、技術者間でのコミュニケーションを重視
  • 日本語教育でトップクラスの実績を持つ「ヒューマンアカデミー日本語学校」が育成(大阪:1987年創立 東京:1991年創立 佐賀:2015年創立)

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください