デジタルハリウッドと『WIRED』、ブロックチェーンの教育プログラム『WIRED Business Bootcamp BLOCKCHAIN SUNDAY』を開催

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、『WIRED』日本版と共同で、次世代ビジネスパーソンに向けたブロックチェーンの1日完結教育プログラム「WIRED Business Bootcamp BLOCKCHAIN SUNDAY」を、2017年3月12日(日)に開催する。

「WIRED Business Bootcamp BLOCKCHAIN SUNDAY」では、ビジネス、アカデミア、政治に法律といったさまざまな角度から来るべきブロックチェーン時代を見据える講師陣とともに、ブロックチェーンの仕組みからコンセプト、海外での先端事例から社会的な影響、そして、未来のビジネスへの可能性までを学び、考えるための集中講義を行う。

WIRED Business Bootcamp BLOCKCHAIN SUNDAYとは(開催概要)

1.OPENING LECTURE(60min):ブロックチェーン基礎講座

ビジネスに生かすためには、まずはブロックチェーンの仕組みとコンセプトをしっかりと理解しなければならない。『WIRED』日本版VOL.25「ブロックチェーン」特集でアドヴァイザーを務めた国内ブロックチェーン研究の第一人者・斉藤賢爾氏が、この革新的技術を徹底解説する。

2.CASE STUDIES(90min):ブロックチェーンはビジネスにこう使え

ブロックチェーンは、いま、どの業界で、どんなプレイヤーに使われているのか。パブリック/プライヴェートブロックチェーンの国内外での先端事例を学び、この新しい技術によって、これからどこの領域で、どのような革新が起きていくかを考える。

「世界と日本の『ブロックチェーンのいま』」|阿部一也氏

「パブリック」「プライヴェート」という2大ブロックチェーンにはそれぞれどのようなポテンシャルがあるのか。ブロックチェーンコミュニケーターの阿部一也氏が業界全体の見取り図を紹介。

「『分散と信頼』はあらゆるビジネスをハックする」|大塚雄介氏

契約や資産管理の方法を覆すブロックチェーンは、既存のあらゆるビジネスと組み合わせることでそのポテンシャルを発揮する。仮想通貨だけに留まらないブロックチェーン活用を模索するレジュプレス・大塚雄介氏が「パブリックブロックチェーン」の可能性とその応用例を語る。

「会社をリデザインする『新しいOS』の使い方」|平野洋一郎氏

情報を管理・記録する次世代システムとしても注目されるブロックチェーン。ブロックチェーンを用いたシステム開発を行うインフォテリアの創業者でブロックチェーン推進協会代表の平野洋一郎氏が、ビジネスを支える新たな基盤としての「プライヴェートブロックチェーン」の活用事例を語る。

「未来の創造的破壊はどこで起きるのか」|パネルディスカッション

金融、ヘルスケア、エネルギー、交通、製造、不動産、小売りや地方創生まで…。ブロックチェーンはいま、あらゆる業界のビジネスを革新しつつある。国内外の先端事例を紹介するとともに、今後どんな分野でブロックチェーンが活用されうるのか、まだ見ぬ可能性を考える。IoTやシェアリングエコノミーといった、ブロックチェーンと組み合わさることでさらなる威力を発揮する分野も解説。

3.WORKSHOP(90min):これからのブロックチェーンの話をしよう

ブロックチェーンの国内外での活用事例を学んだあとは、受講生一人ひとりが自らのケースでブロックチェーンの導入方法を考えるためのワークショップを行う。第1部で講師を務めた斉藤賢爾氏をモデレーターに、「ワールドカフェ」形式でそれぞれの業界におけるブロックチェーン活用法をブレーンストーミングするとともに、志をともにする参加者とのネットワーキングを行う。第2部講師の平野洋一郎氏、大塚雄介氏、阿部一也氏もコメンテーターとしてワークショップに参加。

※ワールドカフェ形式:テーマごとに4人1組でグループを組み、メンバーを入れ替えながらブレーンストーミングを行うワークショップ。今回は1ラウンド20分、計3ラウンド行う予定。ラウンドが変わるごとに、前のグループで出されたアイデアの共有+ブレーンストーミングを行う。

4.FEATURE TALK(45min):ビットコイン最前線

ブロックチェーンの可能性を最も早く、最もパワフルに示したビットコイン。eコマース、ホテルや飲食店、ゲーム、公共料金や著作料の支払い…。仮想通貨法が2017年より施行されることで、いよいよ日本でも本格的にあらゆる決済・送金をアップデートしうる「新しいお金」のビジネスへの活用事例と最新動向を『ビットコインニュース』編集長、山崎大輔氏が紹介。

5.ADVANCED INSIGHT(90min):ブロックチェーン革命、実現への課題

あらゆる技術と同じように、ブロックチェーンには長所もあれば短所もある。そのポテンシャルを最大限に発揮するためのインフラもまだまだ整っていない。ブロックチェーン革命が直面しうる課題とそれを乗り越えるための方法を、政治や法律の観点から考える。

未成熟な技術の『弱点』を理解すること」|高木聡一郎氏

次代の革新的テクノロジーといわれるブロックチェーンにも、欠点や苦手領域はある。ブロックチェーンをビジネスに活用するうえで知っておくべき落とし穴、格差やプライヴァシーなどブロックチェーンがもたらしうる社会的問題を、ビジネスとアカデミアの双方の視点からブロックチェーンを扱ってきたGLOCOM・高木聡一郎が解説する。

行政とともにビジネスをドライヴさせる」|三島一祥氏

経済に大きな影響を与えうるブロックチェーンを、国はいかにサポートできるか。自ら仮想通貨・ブロックチェーンビジネスを手がけると同時に自民党フィンテック推進議員連盟のメンバーとして政界とも連携する三島一祥が、行政と企業の連携の可能性を語る。

「”分散した世界”のあとの法律」|水野祐氏

信頼できる第3者や主体のないサーヴィスが無数に存在するようになったとき、その責任は誰に問われることになるのか。ブロックチェーンビジネスを行ううえで障壁となりうる法的な問題は何なのか。テクノロジーと法の未来を見据える弁護士・水野祐が、来るべきブロックチェーン社会で生じうる法律の問題を提示する。

「革新を起こすためのリテラシー」|パネルディスカッション

ビジネスは、社会に受け入れられてこそ成立する。ブロックチェーンというこれまでの常識をひっくり返しうるテクノロジーを扱うためには、その社会への影響を考える視点もこれまで以上に重要になるはずだ。パネルディスカッションでは、ブロックチェーンビジネスを社会に実装させるための技術的・社会的な課題をどのように乗り越えることができるのかを考える。

6.NETWORKING(60min):懇親会

受講生同士の情報交換をするための時間として、懇親会を開催。各講師とのコミュニケーションも行える。