グローバルキャストとレゴ エデュケーション、国内初となる習い事モデル『レゴ(R)クラス』を2017年より開始

株式会社グローバルキャストとレゴ社の教育事業部である、レゴ エデュケーションは、2017年1月26日に、新しいアフタースクールモデル『レゴ(R)クラス』の普及促進を図るため、ライセンス契約の締結を発表した。

『レゴ(R)クラス』とは

『レゴ(R)クラス』は、創造力と思考力、コミュニケーション力など次世代の子どもに必要なスキルを育成する、レゴ社デンマーク本社が開発したユニークな教育カリキュラムと、子どもたちにとって親しみのあるレゴ(R)ブロック教材を使用したレッスンを、広く身近に提供できるサービスとして拡大させていくことを目指している。

グローバルキャストと『レゴ(R)クラス』の取組みについて

『レゴ(R)クラス』では、大手塾や子どもの集まる店舗の一画など、既存の施設を利用したサービスの提供が可能となる。グローバルキャストは2017年に60施設の開校を目指す。

2017年は、車輪や歯車、てこの原理など身近なものの仕組みを組み立て体験しながら科学を応用した創造力と問題解決力を身につける“ワールドサイエンス”と簡単なプログラミングで、レゴ(R)ブロックでできたモデルを動かし、論理的な思考力や観察力や表現力を養う“コードクリエイター”の2つのカリキュラムを中心に展開する。

グローバルキャストとは

グローバルキャストは、自社で展開する教育事業ブランド「G-VaLEd(ジー・バレッド)」の教室フランチャイズ事業として、全国約150教室の子ども向けパソコンスクール「アビバキッズ」、初心者シニア向けパソコンスクール「アビバアットホーム」、その他英語スクール、学習スクールを運営しています。

約20年の運営実績によって培われた教室フランチャイズ運営ノウハウと、子ども向けプログラミング教育の実績を活かし、『レゴ(R)クラス』のサービス展開を実施する。