ヤマハ、学校の音楽教育現場に向けて『Smart Education System』の提供を開始

ヤマハ株式会社は、主に小中学校をはじめとする、学校の音楽教育現場に向けたICTを活用した音楽教育ソリューション『Smart Education System』の提供を開始した。

第一弾製品として、Windowsパソコン・タブレット端末用の授業モデルパック付きデジタル音楽教材『ボーカロイド教育版』の提供を2月7日(火)より、『ギター授業』『箏授業』の提供を3月上旬より開始する。

ヤマハは、ヤマハだからこそできるICT音楽教育ソリューション『Smart Education System』の構築に2014年より取り組んできた。

これまで、15校もの協力のもとで実証授業を続け、学校関係者の方々との度重なる意見交換を通じて、教育の現場において有効に活用できるICTソリューションのノウハウ・知見を蓄積してきた。

このたび、その成果の第一弾として、主に小中学校の教育現場を対象とした、授業モデルパック付きの3つのデジタル音楽教材『ボーカロイド教育版』『ギター授業』『箏授業』の提供を開始する。

『ボーカロイド教育版』は、ヤマハが開発した歌声合成技術「VOCALOID™」(ボーカロイド)を小中学校の音楽授業を想定し改良したもので、思い浮かんだ歌詞やメロディーをどんどん入力して、試行錯誤を重ねながら直感的な操作で曲をつくることができる音楽ソフト形式のデジタル教材。

教材には、独自の「授業モデルパック」が付属しており、これに沿って授業を行うことで、子どもたちはメロディーづくりを体系的に学びながら、楽しんで創作に励むことができるようになっている。

これまでの実証授業では、

「子どもたちの想いを歌という形にする中で対話的な学びができた」「今まで学んだ音楽的な要素をもとに歌をつくるのでより深い学びにつながった」

など、子どもたち自らが考えて能動的に学んでいくスタイルに高い評価を受けていた。

『ギター授業』『箏授業』は、限りある音楽科の授業数の中で少しでも多くの楽器に触れ、様々な音楽に親しみを持ってもらうことを目的に開発した動画をベースにしたデジタル教材。

専門家による充実の解説・模範演奏動画を多数収録しており、単に再生するだけでなくアングルを切り替えたり、再生テンポを変えたりしながら演奏ポイントを視覚的にしっかりと確認しながら学習できるようになっている。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。