国際資格の専門校アビタス、教材テキストを閲覧できるアプリをリリース

米国公認会計士講座などを展開する国際資格の専門校アビタスが、教材を手軽に持ち運ぶための電子テキストアプリをリリースした。
アビタスを代表する講座「米国公認会計士取得プログラム」のテキストは計13冊。紙教材のテキストの場合は合わせて約4,000ページ6kgあり、これを電子化することでタブレット1枚に収録できる。
アプリには米国公認会計士をはじめ公認内部監査人、公認情報システム監査人、国際会計基準検定、米国弁護士講座における紙教材のテキストの全ページ収録されている。またテキスト間を横断して検索する機能や、入力したメモ書きを複数デバイスで同期できる機能も搭載されている。
テキストを事前にデバイスへダウンロードしておけば、オフライン環境でも閲覧可能。時間と場所を選ばないアクティブラーニングの実現は、受講者の学習効率を飛躍的に高めることが期待される。アプリのリリースはiOS(iPhone,iPad)でスタートし、Android版のリリースも今後予定されている。

教材が電子テキスト化された講座一覧

  • U.S.CPA(米国公認会計士) 13冊(内訳:米国公認会計士コース12冊+英文会計入門1冊)
  • CIA(公認内部監査人)4冊
  • CISA(公認情報システム監査人)2冊
  • IFRS Certificate(国際会計基準検定)2冊
  • 米国弁護士 17冊