埼玉県の教員採用試験の特徴、倍率、受験資格、給与・待遇、おすすめの参考書、問題集、試験対策は?

自治体によってその倍率や内容に差はありますが、教師・教員になるためには、各自治体で行われる教員採用試験を受験し合格する必要があります。今回は埼玉県の教員採用試験についてまとめました。

※さいたま市立小学校・中学校・特別支援学校(小・中学部)の教員を志望する際は、埼玉県ではなくさいたま市の教員採用試験を受験する必要があります。埼玉県内のさいたま市以外の教員になるための試験についてまとめています。

埼玉県教員採用試験の特徴

埼玉県教員採用試験の主なスケジュールは、以下のようになっています。(参考:平成29年度埼玉県教員採用試験日程)

4〜5月 志願書提出
7月上旬ごろ 第1次試験受験
7月下旬〜8月上旬 第1次試験結果通知
8月上旬〜9月上旬 第2次試験受験
10月上旬ごろ 第2次試験結果通知
翌年3月ごろ 採用に関する通知

小学校教員、中学校教員、養護教諭、栄養教諭の一般選考の場合、1次試験は「専門分野」「一般教養」「教職科目」についての筆記試験が行われます。高等学校教員の音楽・美術工芸・書道・保健体育科の一般選考では、筆記試験に加え実技試験が行われます。

1次試験に限り、小・中学校教員と高等学校教員の一部教科、特別支援学校教員の一般選考は、埼玉県のほか宮城県仙台市、青森県弘前市の会場でも受験することが可能です。

埼玉県の教員採用試験には、特定の資格・実績による加点制度があります。条件を満たし、申請をすれば1次試験の得点に加点がつきます。加点対象は全区分を対象に「国際貢献活動」、中学校、高等学校教員で「スポーツ実績」、中学校、高等学校英語科で「英語に関する資格」です。また小・中学校教員区分で特別支援学級の担当を希望する受験者は、「特別支援学校教諭普通免許」を保持していると加点対象になります。

1次試験に合格すると、8月上旬から9月上旬にかけて行われる2次試験を受験することとなります。2次試験は、3日に分けて行われます。以下の表は昨年の日程を参考にまとめたものです。実際の試験では、2日目と3日目に少し間が空きます。

埼玉県教員採用試験 2次試験日程

1日目 2日目 3日目
小学校教員 「個人面接」

「適性検査」

「論文試験」 「集団面接」
中学校教員 「個人面接」

「適性検査」

「論文試験」

「実技試験」

「集団面接」
高等学校、特別支援学校教員 「筆記試験」

「総合読解」または「論文試験」

「集団討論」

「適性検査」

「個人面接」

「英語による面接」

「模擬授業」

「集団面接」

ここまで埼玉県教員採用試験の一般選考についてあげましたが、埼玉県にはもう一つ「特別選考」があります。特別選考枠で受験すると、特別選考の種類によりますが、1次試験や2次試験の一部科目が免除されます。

特別選考は大きく分けて5つあり、「障害者特別選考」「教職経験者特別選考」「特技・資格特別選考」「大学推薦特別選考」「埼玉教員養成セミナー特別選考」です。教職経験者特別選考はさらにいくつか項目を分けて募集しています。特技・資格特別選考は社会人を対象とした特別選考です。

特別選考の対象となる埼玉教員養成セミナーとは、埼玉県教育委員会が開催するセミナーです。埼玉県に住む大学生・大学院生が対象で、セミナーの受講には在学大学からの推薦と、選抜試験の合格が必須となっています。

埼玉県の教員採用試験の倍率

以下はすべて平成29年度に実施された選考試験の合格倍率です。

小学校全科・・・3.2倍

中学校教員全体・・・5.3倍

  • (国語)・・・4.9倍
  • (社会)・・・7.1倍
  • (数学)・・・5.8倍
  • (理科)・・・3.6倍
  • (音楽)・・・5.8倍
  • (美術)・・・3.4倍
  • (保健体育)・・・8.9倍
  • (家庭)・・・2.3倍
  • (英語)・・・4.1倍

高校教員全体・・・5.6倍

  • (国語)・・・4.1倍
  • (地理歴史)・・・6.1倍
  • (公民)・・・6.5倍
  • (数学)・・・5.9倍
  • (理科)・・・6.0倍
  • (保健体育)・・・9.1倍
  • (音楽)・・・8.3倍
  • (美術工芸)・・・5.9倍
  • (書道)・・・10倍
  • (英語)・・・4.1倍
  • (農業)・・・3.4倍
  • (工業)・・・2.8倍
  • (商業)・・・5.3倍
  • (家庭)・・・3.6倍
  • (看護)・・・1.3倍
  • (福祉)・・・17倍
  • (情報)・・・4.5倍

埼玉県教員採用試験の受験資格について

受験資格は以下の3つです。

  1. 昭和41年4月2日以降に出生していること。障害者特別選考、教職経験者特別選考での受験者は昭和32年4月2日以降出生したこと。
  2. 志願区分の教員免許を取得済みあるいは取得見込みであること。社会人特別選考での受験者を除く。
  3. 地方公務員法第16条及び学校脅威k法第9条の欠格事項に該当しないこと。

ただし特別選考については、それぞれに必要な要件があります。

埼玉県の教員の待遇(給与)について

小・中・高等学校の教員で大学卒の場合、初任給は201,900円です。また、小・中学校(幼稚園)教育職の平均給与月額は416,933円、高等(特別支援・専修・各種)学校教育職の平均給与月額は453,374円でわずかに小・中学校よりも高くなっています。

埼玉県の教員採用試験にオススメの参考書・問題集は?

埼玉県・さいたま市の教職・一般教養過去問 2018年度版

埼玉県・さいたま市の一般教養参考書 2018年度版

埼玉県・さいたま市の教職教養参考書 2018年度版

参考

埼玉県ホームページ、埼玉県教育委員会「平成29年度(平成28年度実施)埼玉県公立学校教員採用選考試験結果
https://www.pref.saitama.lg.jp/f2210/h29kyouinsaiyou/documents/h29kekka.pdf

実施要項

https://www.pref.saitama.lg.jp/f2210/h29kyouinsaiyou/documents/02-29youkou.pdf

埼玉県の給与・定員管理等について

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0201/kyuuyoteiin/index.html

 

教育業界専門の転職サイト
Education Career

大手や優良企業の求人多数!採用をお考えの企業様もお問い合わせ下さい!

教育×テクノロジー専門のWebメディア
EdTech Media

教育業界、教育分野に関心の高い方へのPRにご活用ください