Z会とレゴ エデュケーション、プログラミング教育サービスにおけるライセンス契約を締結

Z会グループの株式会社増進会出版社は、レゴ エデュケーションと、レゴ(R)ブロックを活用したプログラミング教育サービスの共同開発、提供に関するライセンス契約を締結した。両社の強みを融合した良質なプログラミング教育サービスを提供していく予定だ。2017年の夏までにサービス提供が開始される予定。

増進会出版社とレゴエデュケーションの提携の背景

今後の情報化社会においては、子どもたちを取り巻く環境もめまぐるしく変化しており、従来必要とされてきた能力だけではなく、論理的思考力や表現力、課題解決力が必須とされている。

意図する内容を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応する記号を、どのように組み合わせるのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく、というプログラミング思考の流れが、問題を発見し、その解決を自ら考え、表現するという行動そのものであるため、「問題解決力」の育成に、プログラミング教育は非常に親和性が高いと言われている。

世界的にも、STEM教育(Science, Technology, Engineering, Mathematics)の重要性が認識されており、提携を通じて、新たな時代を生き抜く力を育成するプログラミング教育サービスを提供することが決まった。

レゴ エデュケーションの良質なプログラミングコンテンツとZ会の通信教育の強みや指導ノウハウを融合させることで、良質なプログラミング教育サービスを全国の家庭に提供していく予定だ。

事業内容(予定)

  • 通信教育において、レゴ エデュケーションの教育版レゴ(R) マインドストーム、レゴ(R) WeDo 2.0を用いたプログラミング学習サービスの共同開発及び提供
  • プロモーション活動、イベント実施など、マーケティング施策の共同実施※2017年夏までにサービスを開始予定。

 

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。