CA Tech Kids、小学生ゲームクリエイターが登壇するイベントをApple Ginzaで開催

株式会社サイバーエージェントの連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsは、iPhoneアプリケーション開発に取り組む小学生プログラマーが登壇するイベント「Kids Developer Pitch Winter 2017」を2017年1月14日(土)にApple Ginzaにて開催する。

近年、小学生の「将来就きたい職業」ランキングで「ゲームクリエイター」が4位に入るなど、ゲーム・IT業界の仕事が子どもたちからの人気を集めている。

これを受けて、CA Tech Kidsとサイバーエージェントでは、ゲーム開発やインターネットサービス開発の仕事を目指す子どもたちを応援する制度として「サイバーエージェント ゲームクリエイター奨学金プログラム」を本年4月に創設した。

本制度では、奨学生として採択された小学生を対象として、半年間計100時間におよぶゲームプログラミングの学習機会を無償で提供するほか、サイバーエージェントのゲームクリエイターとの交流の機会を設けるなど、子どもたちがITの職業に関心を深めながら、能力を習得するための機会を用意している。

今回の「Kids Developer Pitch Winter 2017」では、上記の奨学金プログラムを修了した小学校4〜6年生の男女4人の生徒が登壇し、自身で開発したアプリケーションを紹介しながら、ゲームプログラミングの魅力や制作過程で工夫した点、今回のプログラムを通して学んだことなどをプレゼンテーションする。

プレゼンターとして、サイバーエージェント取締役副社長の日高裕介氏が登壇するほか、パネリストとしてサイバーエージェントSmartphone Games & Entertainment(SGE)事業部CTOの白井英氏を迎え、子どもたちと一緒にトークセッションを行う。

CA Tech Kidsは、対象を小学生に特化した国内初のプログラミングスクールとして2013年10月に「Tech Kids School」を東京渋谷で開講した。現在は東名阪を含む全国8か所に展開しており、生徒数は約1200名となり、開講当初の約20倍に増加している。

また、開講から約3年が経過し、高いレベルのプログラミングに取り組む生徒も増えており、「U-22プログラミングコンテスト」や「アプリ甲子園」等の各種プログラミングコンテストで入賞を果たす生徒を輩出するなど、顕著な学習効果が表れている。

Kids Developer Pitch Winter 2017 開催概要

  • 日時 2017年1月14日(土) 14時~16時00分 ※予定
  • 場所 Apple Ginza 東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館 http://www.apple.com/jp/retail/ginza/
  • 内容
  • イントロダクション 「ゲームクリエイター奨学金について」サイバーエージェント 取締役副社長 日高 裕介
  • キッズプログラマー4名によるプレゼンテーション
  • パネルディスカッション「未来のゲーム開発とは(仮)」SGE事業部 CTO 白井 英 登壇者6名によるトークセッション
  • アプリ体験 子どもたちの制作したアプリを実際に体験することができます

詳細

イベントのHP  :  http:// techkidscamp.jp/kidsdeveloperpitch/winter2017/
申し込みはApple GinzaのHP  :  https://s.apple.com/dE4a3J0q8i