Z会とKDDI、通信教育・端末・通信をセットにした中高生向けサービス「どこでもZ会プラン」を17年2月に提供開始

株式会社増進会出版社 は、生徒の学校外での学習を支援するため、KDDI株式会社と、個人・家庭向け市場への展開に関する業務提携契約を締結した。

2017年2月より、増進会のグループ会社である株式会社Z会が、Z会の中高生向け通信教育サービスとKDDIの端末・通信サービスを組み合わせた中高生サービス「どこでもZ会プラン」を提供開始する。

ノート共有アプリ「Clear」運営のアルクテラスがZ会、朝日学生新聞社と資本業務提携。1.1億円の資金調達を実施

2016.11.22

Z会×Knewton×レアジョブ、 オンラインアカデミー「Z会Asteria」内の英語4技能講座を共同開発

2016.10.29
tablet-study

ICT化に向けた教育サービスの課題

学校教育現場のICT化が普及するなか、学校教育現場における「BYOD化 (私用端末の活用)」など今後は学校の授業と学校外での学習がICTで結ばれていくことが想定される。

一方、現状は依然として家庭などWi-Fi環境に依存した学習スタイルが中心となっており、図書館や自習室など学校外での学習環境が十分に整備されていない課題が存在している。

こうした状況の中、学校外の学習においても、ICTを活用して生徒の学びを支援するため、一般の個人・家庭向け市場に向けて、教育と通信を融合させた新たなサービス「どこでもZ会プラン」を提供する。

「どこでもZ会プラン」の特長

「どこでもZ会プラン」は、Z会が提供する中高生向け通信教育サービス「iPadスタイル」と、KDDIが提供するセルラー版タブレット端末および通信サービスをセットで利用することで、「iPadスタイル」の学習用アプリ「Z会学習アプリ」の通信が使い放題 となるサービス。

このサービスを通じ、例えば図書館、自習室で解説動画の視聴や、移動時間のスキマ学習など、いつでも”どこでも”「Z会学習アプリ」で学習が可能になる。

「どこでもZ会プラン」は、2016年12月16日より予約申込を開始する。

※2016年12月15日までのiPadスタイルの申込みは、通常サービスの申込みのみとなる。「どこでもZ会プラン」への申込みは2016年12月16日から可能

「iPadスタイル」について

Z会が通信教育で長年培ってきた「紙」の教材による学習指導とタブレット端末を通した学習指導を融合させた学習スタイル。従来の通信教育のメリットと、映像授業や学習管理機能などのデジタルならではのメリットを融合することで、学習効果を今まで以上に高めることを目的としている。

KDDI、ソフトバンク、ベネッセ、リクルート、楽天も!EdTech関連市場 大企業提携マップ

2015.08.19

増進会出版社、マナボより2.5億円の第三者割当増資を引受け、業務提携契約を締結

2016.11.01

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。