EnglishCentral、桐原書店と資本提携

株式会社桐原書店は、2016年5月より業務提携を結んでいるオンライン英語学習サイト『EnglishCentral』を提供する株式会社EnglishCentralに資本参加した。今後は相互に持つ強みを活かして、日本の高校における英語発話教育の更なる充実化を目指す。

16年5月に業務提携、より一層の関係強化のための資本提携

englishcentral

日本の高校における英語教育を取り巻く環境は大きく変化しており、高校生の総合的な英語4技能(読む・書く・聞く・話す)の強化やICTの導入など、従来の高校教育では求められなかった教育レベルへの対応が喫緊の課題となっている。

こうした英語教育現場のニーズに対して応えるべく、「IntelliSpeech(米国特許出願13/338,383号)」*による発音分析・指導をはじめとした先進的なICT技術を特徴とするイングリッシュセントラルと、長年にわたり検定教科書や学習参考書の提供で実績のある桐原書店は、2016年5月に業務提携を行い、高校生がバランスの取れた英語力を身につけられるよう、日本の高校で使用される検定教科書に準拠した4技能型(読む・書く・聞く・話す)デジタル教材の提供を開始することに合意していた。より一層の関係強化を図るために資本提携の合意に至った。

*IntelliSpeechとは、

  1. 40種類の音素を前後に組み合わせて構成する64,000のトライフォンに基づいた発音分析のスコア
  2. 発話の持続期間や区切りなどの流暢さを分析したスコア、
  3. すべてのワードを欠かすことなく発話できたか

の3つの要素を組み合わせて学習者のスピーキング力を判定する技術。

株式会社桐原書店 代表取締役社長 斉藤智 コメント

「学校で教科書を勉強していれば英語がふつうに話せるようになる」。理想ではありながら、およそ非現実的と思われていたことが、桐原書店とEnglishCentralとのさらなる関係強化によって可能になる、と強く感じています。特別なことをしなくても、多大な費用をかけなくても、学校の英語の授業で、生徒が実用的な英語の4技能を無理なく身に着けられる可能性が開けてきたことに、とてもわくわくしています。今後の展開をご期待ください。

株式会社EnglishCentral 代表取締役社長 松村 弘典 コメント

斉藤社長のコメントに何も加えることはございませんが、かけられた期待に大きな責任を感じつつも、理想と目標を同じくした教育界の先輩方と共に生徒の英語力を底上げして行けることに大きな喜びを感じています。検定教科書を皮切りに、様々な取り組みを行ってまいりますのでご期待ください。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。