京都コンピュータ学院と京都情報大学院大学、「LPI-Japan HTML5アカデミック認定校」に認定

ITプロフェッショナル認定機関として「LPIC」、「OSS-DB技術者認定試験」、「HTML5プロフェッショナル認定試験」、「ACCEL認定試験」、「OPCEL認定試験」を実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパンは、『京都コンピュータ学院 』及び『京都情報大学院大学 』を、関西の教育機関では第一号の「LPI-Japan HTML5アカデミック認定校」に認定したことを発表した。
「HTML5アカデミック認定校制度」とは、LPI-Japanが独自に定めた学習環境基準をクリアした教育機関をアカデミック認定校に認定し、HTML5プロフェッショナル認定資格の取得を目指す受験者に質の高い教育を提供するために支援する制度である。
今回、関西の高等教育機関として初めてHTML5アカデミック認定校に認定された『京都コンピュータ学院』及び『京都情報大学院大学』は、大手電機メーカーやゲームメーカー等の企業での豊富な実務経験を持つ教員陣が、実社会での経験を基に、産業界のニーズに即した実践的なIT教育を提供している。
また、HTML5技術やWeb系の教育コースを提供し、ITやWebのプロフェッショナルの教育の分野において既に高い実績がある。
LPI-Japanでは、こうしたアカデミック認定校の支援のもとHTML5の知識とスキルの教育を推進し、日本のWebプロフェッショナルの育成およびHTML5ビジネスの拡大に寄与する活動を更に展開していく。
html

LPI-Japan 理事長 成井 弦のコメント

LPI-Japanは、この度、京都コンピュータ学院様 及び 京都情報大学院大学様が、LPI-Japan HTML5アカデミック認定校に認定され、長年蓄積されてきた教育ノウハウやナレッジをベースにITやHTML5のプロフェッショナルの育成を展開されますことを心より歓迎いたします。同学院と同大学院の教育事業においては、LPI-Japanが実施するHTML5プロフェッショナル認定試験との連携を図ることにより、実社会で必要とされるWeb系のプロフェッショナルの育成・普及促進に大きな役割を担うと確信しております。本協業は、同学院と同大学院で学ぶ学生にとって非常に有益なものとして、大いに期待しております。

LPI-Japan HTML5アカデミック認定校制度についての詳細
・認定校制度: http://html5exam.jp/learning/school.html
・認定校一覧:http://html5exam.jp/measures/learning.html

京都コンピュータ学院とは

53年前、コンピュータ幕開け時代に“新時代を創ろう”という情熱においてスタートした日本最初のコンピュータ教育機関である。

ソフトウェア開発が創造作業であることを重視し、単なる「知識・技術の伝授・吸収」ではなく、「創造性育成」をモットーとし、“時代を担う創造性豊かな情報処理技術者の育成”を教育理念として掲げている。

京都情報大学院大学とは

2004年4月、日本最初のIT専門職大学院として開学した。

IT専門職大学院として、社会のニーズに応え、時代を担い、次代をリードする高度な実践能力と創造性を持った応用情報技術専門家を育成する。

URL: http://www.kcg.edu/

LPI-Japan について

LPI-Japanは、日本での OSS/Linuxの技術力認定試験の普及とITプロフェッショナルの育成のため、2000年7月に設立されたNPO法人である。

LPI-Japanは、Linux技術者の技術力の認定制度「LPIC」などのIT技術者の技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本におけるITプロフェッショナルの育成、さらにはOSS/Linuxビジネスの促進に寄与する活動を展開している。

html